サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ日本では不人気でヨーロッパでは定番化? 「ステーションワゴン」を考えてみた

ここから本文です

■日本やアメリカ市場では絶滅危惧種となったワゴン

 人の気持ちは移ろいやすいもの。だからこそ、次々に新しいトレンドが生まれ、古いものは消え去ってゆく。日本市場におけるクルマのジャンルでいえば、「ステーションワゴン」が、そうした消えてゆくトレンドといえるだろう。

見かけたら思わずうっとりしちゃう!? 美しすぎるステーションワゴン5選

 かつての日本車には、ほとんどのセダンにバリエーションとしてステーションワゴンが用意されていた。「クラウン」にもステーションワゴンがあったし、スカイラインのステーションワゴン版とでも呼べる「ステージア」の人気は高く、スバルの看板車種は「レガシィ ツーリングワゴン」であった。

おすすめのニュース

サイトトップへ