サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・ライズがSUV販売トップに。ランクル300の国内納車が遅れる事情(2022年2月)

ここから本文です

 2022年2月のSUV販売は、トヨタのライズとカローラクロスが1~2フィニッシュ。3位にダイハツ・タフトが入り、トヨタのトップ3独占を阻止した。

 現在、トヨタ・ランドクルーザーの人気が高騰している状況はご存じのとおり。メーカーはホームページで「今からご注文いただく際の納期は4年程度となる場合がございます」と案内している。

ヤリスクロスが1万台超え。日産キックスがトップ10に返り咲き(2022年1月SUV販売)

 トヨタのデータによれば、ランドクルーザー300系の販売比率は、ランドクルーザー・シリーズの約11%。1月は約300台、2月は約250台以上を販売した(ガソリン対ディーゼル比率は2対1)。

おすすめのニュース

サイトトップへ