現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?

ここから本文です
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
写真を全て見る(7枚)

規制対応&徹底リファインで400戦線に復活希望!

ホンダの新型CB400、そしてカワサキのZ400RSと、ブランニュー400の登場が相次ぎそうな2025年前後。このビッグウェーブに是非とも乗って欲しいのがスズキだ。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
次期ホンダ「CB1000ホーネット」「CB1000R」にもEクラッチ採用!? レブル250/CL250に続くのはCB1000系か
WEBヤングマシン
【ヤマハRZ250開発秘話】1980年「2スト最後のピュアスポーツ」を覚悟して作られた、水冷&モノショックの画期的モデル
【ヤマハRZ250開発秘話】1980年「2スト最後のピュアスポーツ」を覚悟して作られた、水冷&モノショックの画期的モデル
モーサイ
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
WEBヤングマシン
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350からエクステリア全部変えた! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
モーサイ
スズキ「GSX-8S」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-8S」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
日本で買える「排気量のデカいバイクTOP3 2024」1位は2000ccオーバー、意外にもハーレーではなく…!?
日本で買える「排気量のデカいバイクTOP3 2024」1位は2000ccオーバー、意外にもハーレーではなく…!?
モーサイ
スズキ「SV650」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「Vストローム800」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
【魅力あるクルマ】世界のスーパースポーツと比類する日産GT-Rの圧倒的な存在感
【魅力あるクルマ】世界のスーパースポーツと比類する日産GT-Rの圧倒的な存在感
カー・アンド・ドライバー
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ GSX-8Rは「カウルのデザインでもトルク感を表現!?」開発チームが語る【コンセプト&デザイン】
スズキ GSX-8Rは「カウルのデザインでもトルク感を表現!?」開発チームが語る【コンセプト&デザイン】
モーサイ
【ヨシムラ】「サイクロン」にXSR125(24)、GSX-8S(23)、 GSX-8R(24)、ELIMINATOR(24)用が追加!カッコイイ!  
【ヨシムラ】「サイクロン」にXSR125(24)、GSX-8S(23)、 GSX-8R(24)、ELIMINATOR(24)用が追加!カッコイイ!  
モーサイ

みんなのコメント

24件
  • son********
    大排気量のアドベンチャーモデルにも飽きてきた。日本には冒険と呼べる道は林道くらいだし、林道なら250や400位の方が走りやすい。
  • oka********
    今のスズキのラインナップでわかるでしょ?

    中免バイクはテキトー撤退するなら撤退しても構わない。
    ぐらいな廉価版だらけ。

    出ない開発する金もない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村