サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年全日本スーパーフォーミュラが開幕!! TEAM MUGENの野尻智紀がポール・トゥ・ウィン!!

ここから本文です

2021年全日本スーパーフォーミュラが開幕!! TEAM MUGENの野尻智紀がポール・トゥ・ウィン!!

 スーパーフォーミュラがついに開幕した。コロナ禍で外国人選手が入国できないなどの事態は続いているものの、とりあえずの通常開催には辿りつけた。

 開幕戦の模様をモータースポーツジャーナリスト段純恵氏に振り返ってもらった。

ニューエラとのコラボが実現!富士スピードウェイのオリジナルグッズが熱い!

文/段純恵 写真/SPJ-JS

【画像ギャラリー】外国勢不参加により全日本選手権の様相を呈したスーパーフォーミュラ開幕戦

■開幕戦はベテランvs若手対決

TEAM MUGENはボディに医療従事者への感謝の言葉を記して参戦

 今年の全日本スーパーフォーミュラ(SF)選手権が富士スピードウェイで無事に開幕。SF8季目の野尻智紀(31、TEAM MUGEN)が通算4勝目をポールトゥウィンで飾った。

 例年どおりの春スタートで2day開催に戻ったものの、コロナ禍による入国規制の壁に阻まれてサッシャ・フェネストラズ(22、仏、KONDO)らの外国人選手、そして米国セブリング12時間レースから帰国した小林可夢偉(34、KCMG)らは残念ながら不参加に。

 国際色が薄まった結果、まさに『全日本選手権』の様相を呈することになった開幕戦は、伸び盛りの若手ドライバーとそれを迎え撃つベテラン勢の対決に注目が集まった。

 土曜日の予選は参戦1、2年目のドライバーたちが大活躍。

 昨季初優勝を果たしたSF2季目の大湯都史樹(22、TCS NAKAJIMA RACING)、代役参戦の活躍で正ドライバーに昇格した宮田莉朋(21、Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)と阪口晴南(21、INGING MOTORSPORT)、療養中の牧野任裕のピンチヒッター・笹原右京(24、ダンディライアン)が予選上位8台で争うQ3に進出し上位グリッドにマシンを進めた。

 一方、昨季王者の山本尚貴(32、TCS NAKAJIMA RACING)と、国内レースに集中する道を選んだ山下健太(25、KONDO)がまさかのQ1敗退。他のベテラン勢も後方グリッドに沈むなか、ひとり気を吐き予選3セッションすべてでトップタイムをマークしたのが野尻だった。

 野尻は今回と同じ富士で行われた昨季最終戦で、驚異的なレコードタイムで予選PPを獲得したが、逆転王座をかけて臨んだ決勝はマシントラブルのため無念のリタイア。この悔しすぎる経験は、野尻が改めて正面からじっくりレースに向き合うきっかけとなった。

 「なぜ昨季の前半戦はうまく行かなかったのか。逆に後半戦はうまくいったのか。オフの間にそこを深く考えて勉強し細かく準備してきた。エンジニアと会話を重ねることで、一段とポテンシャルの高いクルマを作れたと思う」

■強さを秘めてサーキットに戻ってきた野尻

スマートでブレのない走りにかつてない強さを秘めて開幕戦のサーキットに戻ってきた野尻

 具体的に何をどうしたのか詳しくは語らなかったが、野尻がかつてない強さを秘めてサーキットに戻ってきたことは、そのスマートでブレのない走りにも現れていた。

 スタートこそわずかに出遅れ予選2番手の大湯に先行を許したが、野尻は慌てず騒がず背後から大湯の走りを観察。

 10周目に大湯の隙をついてトップを奪還すると、雨が落ちてきた中盤以降も盤石の走りでレースを牽引。チェッカーの3周前までタイヤ交換を遅らせることで十分なマージンを築き、野尻は今季初勝利のゴールを切った。

 「この週末は走り出しから手応えがあった。予選からマシンのポテンシャルを出し切れたのも、いつ雨が降り出すかわからない決勝で落ち着いて走れたのも、素晴らしいパッケージを用意してくれたチームとホンダのおかげ。僕は最後まで集中力を切らさず走りきっただけで、本当に素晴らしいクルマだった」。

 野尻は今季初勝利についてそう振り返ったが、どんなにマシンが素晴らしくてもドライバーの力量なしに勝てるレースなどありはしない。逆にドライバーの技量がどれだけ高くても、マシンパッケージに不足があると上位を争うことは難しい。

■季節によって「旬」があるエンジンの不思議

苦戦するトヨタ勢の中、なんとか4位に食い込んだ平川亮。季節によってホンダとトヨタのエンジンに有利不利が発生するという現状はいかがなものだろうか

 今回のレース、予選、決勝とも上位にホンダエンジン勢が並び、対するトヨタ勢というと上位フィニッシュは4位の平川亮(27、carenex TEAM IMPUL)のみ。ホンダ勢の7台中5台がトップ6に入ったのに、11台のトヨタ勢のほとんどが後ろに固まっているリザルト表をみて首をかしげたファンも多かろう。

 実はこの傾向、いまに始まった話でもなければシーズンを通して同じというわけでもない。

 春先や秋口以降、気温が比較的低めで爽やかな時期はホンダエンジンが快調で、逆にうだるような暑さで人間も息絶え絶えの時期になるとトヨタエンジンが元気ハツラツになる、という状況が昨年から続いている。

 その理由を両メーカー関係者に訊ねると『エンジンの構造や成り立ちが違うから』という答えで共通している。快調なほうがズルをしているという『陰謀説』もたまに聞こえてくるが、それはまったくの都市伝説、でなければ苦しい時の八つ当たりが噂の出処だろう。

 ともあれ、暑さ寒さで状況が逆転する状況は公平といえば公平であるが、せっかく両陣営から世界基準のドライバーたちが参戦しているのだ。コース上での両陣営ドライバー同士の丁々発止のバトルが少ないどころかほとんど見られないなんて、もったいなくないか?

 「正直、今回のホンダ勢との差はひどかった。直線でついていけない、抜けない、オーバーテイクボタンの使用時間が去年の2倍になったけれど、今回はむこうだけ有利になっていたような気がする」、と重い口を開いたのは平川だ。

 「(エンジン開発凍結)規則があるので現状のまま戦うしかないけれど、SFがドライバーとチームのレースというのなら、ここまでエンジンで差が出るというのは、走る側もしんどいし、見ている人もよくわからないのではないかと。なんかちょっと残念で、どうなのかなぁと思います」。

■スーパーフォーミュラはもっとアピールを!

一流どころのレーサーたちがコンマ1秒の争いを展開しているのだ。より多くの人にアピールし、存在を周知していかないともったいない限りだ

 プロのレーサーが素人には絶対真似のできない技を駆使し、コンマ1秒を削りながら時速200キロ超の争いを展開しても、観る側にはそのスゴさがいまひとつ伝わっていないのが、いまのSFの現実だ。

 この現実を打破するために、例えば馬力調整のためのエンジンリストリクター(空気取り入れ口)の径をそれぞれ冬用・夏用で取り替えるとか、メーカー別に燃料流量を季節ごとに設定するとか、両エンジンの『性能調整』のためのアイデアが浮かぶ。

 けれど、誰が、どうやって?と突っ込まれると、筆者も口をつぐんでしまう。

 いずれにせよ、シーズンを通したタイトル争いも必要だが、レース中の両陣営入り乱れてのバトルもSFというレースのスゴさを表すためには必要。関係者各位にはさらなる知恵と実行力でSFの面白さを追求し、ひろく世間にアピールする努力を続けていただきたい。

【画像ギャラリー】外国勢不参加により全日本選手権の様相を呈したスーパーフォーミュラ開幕戦

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します