サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1ブラジルGP無線レビュー】最大限の性能を引き出したフェルスタッペンが雪辱を果たす「最高の結果になったよ!」

ここから本文です

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今シーズン3勝目を飾ったF1第21戦ブラジルGP。好スタートを決めて後方を引き離していったが、レースが進むにつれてルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルが激しくなっていった。緊迫の優勝争いを無線とともに振り返る。

──────────

フェルスタッペン、2019年3勝目で選手権3位に「メルセデスに勝つ速さがあった。ホンダF1の進歩をうれしく思う」

 ポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、ブラジルGP決勝のスタートも確実に決めてホールショットを奪い、みるみる後方を引き離していった。後方ではルイス・ハミルトン(メルセデス)が好加速でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)を抜いて2位に上がっている。