サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャパンディスプレイ、今期黒字「難しい」 コロナ影響が想定以上

ここから本文です
 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は30日に開催した2020年3月期通期決算会見内で、21年3月期の売上高が前期比15~20%減の4千億円程度になるとの予想を公表した。新型コロナウイルスの影響が今期第4四半期に収束することを前提に算出した。今年3月末時点で想定していた21年3月期での最終損益の黒字化に関しては「コロナの影響で難しい」(スコット キャロン会長)と改めた。新たにヘルスケア事業への参入も発表した。

 20年3月期は売上高が同21%減の5040億円、営業損失が385億円(前期は272億円の損失)、最終損失が1014億円(前期は1065億円の損失)だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ