サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバルがトヨタと共同開発した新型「ソルテラ」。気になる2つのポイントとは?

ここから本文です

4WDがセールスポイントのスバルがFWDを用意する背景

スバルがグローバルに展開する初の電気自動車(BEV)として「ソルテラ」を発表しました。全長4690mmのSUVで、バッテリー総電力量は71.4kWh。すでに多く報道されている内容をみて、十分な航続距離が期待できる「使えるBEV」という印象を受けている方も多いことでしょう。

スバル、電動SUVの「ソルテラ」を世界初披露。“スバルらしさ”の実現をアピール

そんなスバルのBEV「ソルテラ」で気になる点が2つあります。

ひとつはFWD(前輪駆動)を用意していること。

おすすめのニュース

サイトトップへ