サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Astemo NSXがトップ4台1.5秒差の“超濃密”バトル&3度のFCY導入の乱戦を制す【第2戦富士GT500決勝】

ここから本文です
 ゴールデンウイーク恒例の500km長距離バトルが繰り広げられた2021年のスーパーGT第2戦GT500クラス決勝は、前日の予選Q1敗退で11番手からスタートを切った17号車Astemo NSX-GTが、終盤のスリリングな死闘を制してGRスープラ勢を圧倒。今季初導入のフルコースイエロー(FCY)の好機も捉え、塚越広大とベルトラン・バゲットが新体制Astemo(アステモ)との今季初優勝を手にしている。

 2019年以来、約2年ぶりとなった5月の大型連休イベントは、搬入日から好天が続き決勝日の5月4日(火・祝)も朝から富士山の山肌がくっきりと見通せる、清々しい快晴となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン