現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1が2024年スプリントのカレンダーを発表。初の中国&マイアミを含む6戦で開催へ

ここから本文です

F1が2024年スプリントのカレンダーを発表。初の中国&マイアミを含む6戦で開催へ

掲載 1
F1が2024年スプリントのカレンダーを発表。初の中国&マイアミを含む6戦で開催へ

 フォーミュラ1が、12月5日、2024年シーズン中にスプリントイベントを行うグランプリを発表した。2023年と同様に、6戦がスプリント・フォーマットで開催される。

 スプリント・フォーマットは、通常の週末には3回行われるフリープラクティスの2回をスプリントの約100kmのミニレースとスプリント用予選に置き換えるもので、2021年から一部のグランプリで導入されてきた。スプリントのレギュレーションは毎年変更が加えられ、今年は土曜を完全にスプリントデーとして、スプリントのグリッドを決定するスプリント・シュートアウトとスプリントを実施、日曜決勝用の予選を金曜に実施する形だった。スプリントではポイントはトップ8に与えられた。

F1委員会、スプリント制の変更、ドライバー冷却システム導入に合意。2026年型マシンの開発は2024年末まで禁止

 スプリント・フォーマットによって金曜日の観客数が増えたということで、ニールセンの調査によると、金曜の視聴率もFP2が予選に変更されることで大きく向上したことが確認されたという。

 2023年は、アゼルバイジャンGP、オーストリアGP、ベルギーGP、カタールGP、アメリカGP、サンパウロGP(ブラジルGP)がスプリント・フォーマットで開催された。2024年にスプリント・フォーマットが導入されるグランプリは以下の6戦になる。

■2024年F1スプリントカレンダー
第5戦 中国(上海):4月19日~21日
第6戦 マイアミ(マイアミ):5月3日~5日
第11戦 オーストリア(シュピールベルク):6月28日~30日
第19戦 アメリカ(オースティン):10月18日~20日
第21戦 ブラジル(サンパウロ):11月1日~3日
第23戦 カタール(ルサイル):11月29日~12月1日

 昨年から継続となるのは、オーストリア、アメリカ、サンパウロ、カタールで、中国とマイアミは初のスプリントでの開催になる。中国GPは新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響で、2020年から中止されてきたが、2024年に久々にF1カレンダーに復帰する。

 11月に実施されたF1コミッション会合では、2024年にスプリント・フォーマットを変更し、グランプリのセッションとスプリントを分離し、週末を合理化するという点で合意に達した。スポーツ諮問委員会が、セッションのタイミングおよびパルクフェルメのレギュレーションを中心に、詳細について検討し、F1コミッションの2024年最初の会合で最終提案を提出する予定となっている。

 2024年には、スプリント・シュートアウトを金曜日に移動し、土曜日にスプリントと決勝用予選を実施するという流れに変更されることが予想されている。

こんな記事も読まれています

スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
Auto Messe Web
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
グーネット
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
くるまのニュース
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
日刊自動車新聞
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
グーネット
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
グーネット
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
AUTOSPORT web
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
WEB CARTOP
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
motorsport.com 日本版
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
WEB CARTOP
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
乗りものニュース
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
motorsport.com 日本版
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
日刊自動車新聞
トヨタ新型「ランドクルーザー250」発売! 価格は520万円から 注目の“丸目ライト” ZX「ファーストエディション」は計8000台の限定販売
トヨタ新型「ランドクルーザー250」発売! 価格は520万円から 注目の“丸目ライト” ZX「ファーストエディション」は計8000台の限定販売
VAGUE
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
くるまのニュース
トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
レスポンス
ピレリ、ポルシェ・タイカン用に2種の新しい承認タイヤを開発! P ZERO タイヤでEVの特性に適したELECTのレンジを拡大!
ピレリ、ポルシェ・タイカン用に2種の新しい承認タイヤを開発! P ZERO タイヤでEVの特性に適したELECTのレンジを拡大!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

1件
  • umi********
    スプリントは必要なのか??それと24戦は多い気がする。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村