サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最高出力830ps!ランボルギーニのサーキット専用V12エンジンがシェイクダウン!

ここから本文です

3月26日、ランボルギーニのサーキット専用ハイパーカーエンジンがシェイクダウンを実施した。

2020年夏に発表予定

フォルクスワーゲン ニュー・ビートル──駐車場に戻ると嬉しくなる 愛嬌たっぷりな相棒グルマ

ランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラ コルセ」が開発を進めている、サーキット専用ハイパーカーエンジンのシェイクダウンが実施された(場所は非公表)。

このエンジンは6.5リッターV型12気筒自然吸気。最高出力は830psを誇る。搭載されたハイパーカーのボディは、アルミニウムとカーボンファイバーを多用し軽量化と高剛性を実現したと言う。

おすすめのニュース

サイトトップへ