サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツが「ロッキー」をインドネシアに投入。DNGA海外第2弾となる新商品

ここから本文です

ダイハツが「ロッキー」をインドネシアに投入。DNGA海外第2弾となる新商品

2021年4月30日、ダイハツ工業(以下、ダイハツ)のインドネシア現地法人であるアストラ ダイハツ モーター社(以下、ADM)は、DNGA海外展開の第2弾として、新型コンパクトSUV「ロッキー(Rocky)」を発売した。

若年ファミリー層がターゲットの2列シートSUV
ダイハツでは、2021年2月にマレーシアのプロドゥア社からDNGA海外展開の第1弾として「アティバ」を発売したが、今回の「ロッキー」はそれに続くものだ。アティバ同様、インドネシア仕様のロッキーも、2019年11月に日本で発売したロッキーをベースにしている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

また、トヨタグループの新興国小型車事業の一環として、ダイハツはトヨタへOEM供給を行うとともに、約50カ国への輸出も予定している。生産は、ダイハツブランド、トヨタブランドともADMのカラワン車両工場で行われる。

日本仕様のロッキーとはグリルまわりのデザインが少し異なり、サイズもわずかに大きいが、SUVらしいアクティブなデザインや、小回りの効くコンパクトなサイズ感と広い室内空間の両立を実現した点は変わらない。また、インドネシアでダイハツが発売する商品として初めて、予防安全装備の「スマートアシスト(現地名:アドバンスド セーフティ アシスト)」を導入した。

若年ファミリー層をメインターゲットとして、求めやすい価格の2列シートSUVとしている。エンジンは日本仕様と同じ1.0Lのターボだが、今後1.2Lも追加予定だ。トランスミッションはD-CVTと日本仕様にはない5速MTも設定されるが、駆動方式はFFのみ。

ダイハツでは今後もDNGA商品を、アセアンを中心とした新興国へ展開するとともに、各地域での自動車の普及および産業、人材育成に貢献し、ユーザーの生活に寄り添った企業を目指していくという。

ロッキー(インドネシア仕様) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4030×1710×1635mm
●エンジン:1KR-VET型・1L ターボ
●トランスミッション:D-CVT/5速MT
●駆動方式:FF
●乗車定員:5名
●希望小売り価格:約2億1400万ルピア~約2億3600万ルピア(約160万円~約177万円)

[ アルバム : ロッキー インドネシア仕様 はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します