サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガヤルドで花開くまで「スモールランボルギーニ」は苦難の連続! V8搭載の「不遇」の3台とは

ここから本文です

 この記事をまとめると

■ランボルギーニは飛躍の秘策としてコンパクトなV8搭載の2+2モデルの販売を計画

新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

■ウラッコ、シルエット、ジャルパと続いたスモール・ランボルギーニは成功しなかった

■現在のランボルギーニは売上の多くをV10搭載のウラカンとV8搭載のウルスが占める

 ランボルギーニ飛躍の秘策がV8搭載のコンパクトモデルだった

 ファーストモデルの350GTに始まり、400GT2+2、ミウラ、イスレロ、ハラマと、1960年代から1970年代にかけて、次々にV型12気筒エンジンを搭載する高性能モデルをデビューさせ...

おすすめのニュース

サイトトップへ