サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜモデルチェンジ減少? 大規模マイナーチェンジ車の狙いと評価

ここから本文です

 2020年6月に、レクサスISの新型が世界初公開されたが、フルモデルチェンジではなくマイナーチェンジだった。

 現行レクサスISの登場は2013年5月だから、約7年を経過しながらマイナーチェンジを行っている。

2Lターボ&モーターで400ps‌!!? 新型シビックタイプRは2022年登場へ!!!

 改良の内容は、走行安定性と乗り心地の向上から安全装備の充実まで多岐にわたる。これほどの改良を施せば、今後も2~3年間は、現行型を造り続ける。

 つまり約10年間はフルモデルチェンジしないわけだ。

 近年、モデルチェンジではなく大規模マイナーチェンジで対応するクルマが大幅に増加している。なぜか? その裏には複数の“事情”がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ