サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日本未発売のスカイラインクーペ試乗!!】インパルがインフィニティQ60を国内販売開始!!!

ここから本文です

【日本未発売のスカイラインクーペ試乗!!】インパルがインフィニティQ60を国内販売開始!!!

 スカイライン(セダン)に待望のV6、3Lツインターボエンジン搭載モデルが投入されたが、国内のスカイラインファンが待ち望んでいる”もう一台”がスカイラインクーペだ。

 先代型、V36までは国内販売されていたスカイラインクーペ(2016年1月まで)だが、現在のV37型では海外向けのスカイラインクーペ「インフィニティQ60」はあるのに国内に向けては導入されていない。

【悲願のロータリー復活!!】マツダ 渾身の新EV 乗ってわかった実力と「味」

 これをインパルが、いわゆる並行輸入して日本国内で販売を開始した。

 さっそく、インパルから北米仕様のスカイラインクーペ版、インフィニティQ60レッドスポーツを借りだし、試乗した!

文/ベストカー編集部
写真/池之平昌信
初出/ベストカー2019年10月26日号

【画像ギャラリー】インパルが輸入販売する北米仕様のインフィニティ&日産車

スカイラインはやっぱりクーペがカッコいい!

肉感的な美しさを魅せるクーペ、インフィニティQ60

 クーペの存在感は圧倒的だ。 ボディサイズは全長4685×全幅1850×全高1385mm 。ホイールベースは2850mmでスカイラインセダンと同じだが、全長は125mm短く全幅は30mmワイドで全高は55mm低いから、まさにワイド&ロー。

 ラウンドしたルーフから繫がるCピラー、抑揚感あふれるリアフェンダーの造形も魅力的だ。やっぱりスカイラインはクーペがカッコいいと惚れ惚れしてしまう。

リアから見たインフィニティQ60。彫刻的なボディサイドのキャラクターラインやCピラーの形状、小ぶりなリアスポイラーが特徴


 今回試乗したのは。405psエンジンを搭載する「レッドスポーツ」で価格は930万円~。やはり日本のスカイラインセダン400Rと同じ、405psの3L、V6ツインターボの加速フィールはドカン!  とパンチがあるというより、モリモリと力がある印象だ。

上質なQ60レッドスポーツのコクピット

サポート性&ホールド性の高いスポーツシート

後席は2座の4人乗り。座面はクーペの場合えぐられているケースが多いがQ60の後席は平面


 インパルでは顧客の要望に応えるかたちで304psの「Q60ラグジュアリー」も取り扱う。

 注文に応じて米国の販売店から新車を直接日本に輸入するので、ボディカラーやオプションなど、細かいリクエストに応えている。

 日本到着後にヘッドライトやウィンカーなど日本の法規対応を実施して、車検を取得して登録、納車までをインパルが責任を持って行う。

 注文から納車、メンテナンスや車検など、納車後のアフターサービスに至るまで、インパルが万全の体制で実施するから安心感も高い。ちなみに注文してから納車されるまで、約1カ月半~2ヵ月という。

 インパルではQ60以外にもQ50、Q60、Q70、北米仕様のマキシマ、アルティマ、そしてQX30やQX50、QX60、QX80、北米仕様のムラーノやパスファインダーといったSUVの販売にも力を入れていくという。

 現在、Q60ラグジュアリーをショールームに展示しており、試乗も可能ということなので、気軽に訪れてみては。

左右2本だしのエキゾーストからは心地よいV6サウンドを聴かせてくれる


■ガレージインパル世田谷ショールーム
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-32-3 
TEL:03-3439-1122(代)
http://www.impul.co.jp/garage/IMPUL_INTERNATIONAL.html

【画像ギャラリー】インパルが輸入販売する北米仕様のインフィニティ&日産車

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します