サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MOTO GUZZI「V7 IIIROUGH」を詳解!『ゴーグル2020/2月号』

ここから本文です

MOTO GUZZI「V7 IIIROUGH」を詳解!『ゴーグル2020/2月号』

V7シリーズだからこそ不自然さがない
オーセンティックなルックス!

モト・グッツィを象徴するのが、空冷縦置Vツインエンジンにシャフトドライブというメカニズム。そのルーツとなるモデルが1965年にデビューしたV7だった。V7スペシャル、V7スポーツなども登場して人気となり、現代まで受け継がれるイメージが決定付けられる。

その後ル・マンシリーズの登場でV7は姿を消したが、2008年にその名を復活させた新生V7が登場。750ccの空冷Vツインを積んだ扱いやすいベーシックスポーツである新生V7は、2015年にV7 II、2017年にはV7 IIIと熟成を重ね、多彩なバリエーションモデルも展開するなど、現在のモト・グッツィを支える人気モデルとなった。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

そして2019年、新たなバリエーションとしてデビューしたのがこのV7 IIIラフ。V7 III ストーンをベースとしたカスタムモデルで、ブラックリムのスポークホイールに装着されたブロックパターンタイヤが印象的。アルミ製のクラシカルな前後フェンダー、ラバーブーツ付フロントフォークなども装着して「アーバンカントリースタイル」を実現。

アーバンカントリースタイルの真の姿とは?
V7IIIラフはV7IIIストーンをベースに、時代と共に自然と取り込まれるモダニズムデザインを徹底的に見直し、スクランブラー要素の強い新たなカルチャーを提案するに等しい価値を持つ1台に仕上がっている。

機能面や生産性、そしてコスト面等で割高であろう構造やパーツを敢えて採用し、エンジンの持つキャラクターやルックスにマッチさせた、独自の『アーバンカントリースタイル』を確立するに至ったといえる。

丁寧な仕事が伺える、ブラックアウトされた特徴的な空冷エンジンと、実にマッチングが良いワイヤースポークホイールは、リム部分もブラックアウトさせることで機能美を演出しつつ全体のイメージの均衡を保つことに成功している。

さらに純正で装備されたタイヤは、〝舗装路走行〟をターゲットにしたブロックパターンのタイヤをチョイス。都心部のインフラで未舗装路は皆無に等しいが、車体の世界観を造り上げる重要なコンポーネントして不可欠であったのであろう。

走行時のゴロゴロとした手ごたえも、ある意味楽しみとして受け捉る事が出来た。絶対的なグリップ性能より、むしろ遊び心を感じ、自然と笑みがこぼれるというもの。無論、多少アクセラレーターをワイドに開けようとも、パワーに負けブレイクすることがないグリップ力を備えているので、通常の使用状況下に於いて不安を覚えることはなかった。

タイヤの性能面でも少し触れたように、V7IIIラフがターゲットするシーンはラフロードではなく舗装路、つまりは日常のインフラ上にあるということ。

ゴー&ストップが繰り返されるシティユースや、高速化する幹線道路や有料道路に於いて、より安全に安心に走行出来る、アンチロックブレーキシステムやトルクコントロールシステム等のメカニズムを搭載している。古流な車体造りからイメージし辛いかもしれないが、モト・グッツィが新たに打ち出したカスタムカルチャーは、先進であり懐古趣味的なものではないという事を強調しておきたい。

また、チャレンジングでアクティブなライダーなら、いつもの道を逸れ未舗装路の林道を走行してみても面白いかもしれない。無理は禁物だが、電子制御システムから解放されるという選択肢を選び、バイク本来のベーシックで自由度の高い機能と向き合うというのも乙かもしれない。きっと、V7IIIラフなら応えてくれるはずだ。

特徴的なタンクや丸型の大径ヘッドライトをはじめ、70年代風のネイキッドというV7シリーズの基本スタイルをベースにしながらも、モダンでレトロな雰囲気のアルミ製パーツなどを取り入れ、ブロックパターンタイヤも装着して個性的なスタイルにまとめたV7 IIIラフ。写真の車両は純正オプションのアロー製アップマフラーを装着することで、スクランブラー的なイメージに変身。参考:アロー製EXシステム+ステー¥218,240(税込み)

V9用をベースとするエンジンのメカニズムは、空冷縦置きV型2気筒OHV2バルブというモト・グッツィの伝統を受け継いだもの。しかしその内部を見ると、シリンダーヘッドをはじめ、シリンダー、ピストン、潤滑システムなどは最新技術を取り入れていて、ユーロ4規制をクリアしながらもより力強く進化。2段階に調整できるトラクションコントロールも備える。

メーターはクロームリングが目立つ、クラシカルなスタイルに合わせたシンプルなシングルメーター。盤面のデザインもクラシカルだが、距離計やトラクションコントロールのモードなどを表示できる、小型の多機能液晶ディスプレイが埋め込まれているのは現代的な部分。

V7シリーズ共通の独特な形状のスチール製燃料タンクは落ち着いたマットカラーでペイントされる。タンクキャップは鍛造アルミ製でキー付き、21Lという大容量で長大な航続距離を実現する。タンク側面のエンブレムとしてモト・グッツィのイーグルマークが装着されているのはV7 IIIストーンと同様だ。

V7 IIIラフの特徴であるブロックパターンのデュアルパーパスタイヤ。リアにはピレリMT60をチョイス、サイズは130/80-17。リムも各部のパーツに合わせてブラックアウトされている。車体後部右側にはドライブシャフト一体型スイングアームとファイナルドライブケースから成る駆動系パーツが。

フォークブーツでクラシカル感を演出するフロントフォークはΦ40mmの正立タイプで、ストローク量は130mm。フロントタイヤはピレリMT60RSで、サイズは100/90-18。フロントブレーキは、320mmステンレス製ローターとブレンボ製の異径対向4ピストンキャリパーだ。

V7 IIIラフ専用にステッチが施されたグラブストラップ付きのダブルシート。タックロール仕上げの座面がノスタルジックな雰囲気にぴったり。後端の「MOTO GUZZI」ロゴも刺繍で仕上げられている。ベースモデルのストーンが樹脂製フェンダーなのに対し、アルミ地を活かした美しい仕上げのフェンダーを前後に装備する。

リアフェンダーに装着された、シンプルなオーバル形状のテールランプがV7 IIIラフのクラシックなスタイルによく似合う。ウィンカーは視認性を向上させるために左右の間隔を広めにしてある。

一般的なチェーンドライブ車とは異なり、リアブレーキは車体左側に配置されていて、260mmステンレス製ローターに、フローティングタイプの2ピストンキャリパーという組み合わせ。リアサスはオーソドックスなツインショックで、ストローク量は93mm。プリロードアジャスターが装備されている。

全長×全幅×全高 : 2185×800×1100mm
ホイールベース : 1463mm
シート高 : 770mm
車両重量 : 213kg
エンジン形式: 空冷4ストロークV型2気筒OHV2バルブ
総排気量: 744cc
ボア×ストローク : 80×74mm
最高出力 : 52HP/6200rpm
最大トルク : 6.1kgm/4900rpm
燃料供給方式 : FI
燃料タンク容量 : 21L
変速機形式 : 6速リターン
タイヤサイズ前・後 : 100/90-18・130/80-17
価格 : 117万7000円(税込)

撮影:松川 忍 モデル:葉月美優 文:小松信夫/編集部

動画:葉月美優さんのインプレッションはコチラから!


協力:MOTO GUZZI

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します