現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ Q3/Q3スポーツバック スタイリッシュな限定車「ハイスタイル」登場

ここから本文です

アウディ Q3/Q3スポーツバック スタイリッシュな限定車「ハイスタイル」登場

掲載
アウディ Q3/Q3スポーツバック スタイリッシュな限定車「ハイスタイル」登場

車種別・最新情報 [2023.09.25 UP]


アウディ Q3/Q3スポーツバック スタイリッシュな限定車「ハイスタイル」登場

フォルクスワーゲン「Tクロス」にシックな装いの特別仕様車「カッパースタイル」登場

アウディ 限定モデル「Q3/Q3スポーツバック ハイスタイル」
 アウディ ジャパンは9月25日、プレミアムコンパクトSUV「Q3」「Q3スポーツバック」に限定モデル「high style(ハイスタイル)」を設定し、同日より全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売した。

 車両本体価格は、Q3 ハイスタイルが5,720,000円、Q3スポーツバック ハイスタイルは6,160,000円(すべて消費税込)。


内外装の装備を充実させた合計600台の限定モデル
 今回発表の限定モデルは、それぞれ「Q3 35 TFSI アドバンスド」「Q3 スポーツバック 35 TFSI Sライン」がベースで、ともに、最高出力150PS、最大トルク250Nmを発揮する1.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンTFSIを搭載する。

 両モデルともに、安全で快適なドライブをサポートする、シートヒーター・電動調整機能付きフロントシート、オートマチックテールゲートや、アダプティブクルーズアシストをはじめとする運転支援機能が含まれる「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」を装備する。

 その上で、Q3 ハイスタイルは、Sラインデザインの19インチ20スポークグラファイトグレーポリッシュトのアルミホイールとマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントを特別装備。

 さらに「ラグジュアリーパッケージ」、ブラックのルーフレール等を含む「ブラックアウディリングス&ブラックスタイリングパッケージ」を標準装備としている。

 このブラックをアクセントにしたスポーティなエクステリアに、ラグジュアリーな温かみをもたらす特別装備のオカピブラウンのパーシャルレザーのインテリアをコーディネートして、洗練されたイメージを演出する。

 一方、クーペSUVのQ3スポーツバック ハイスタイルは、マンハッタングレーメタリックのコントラストペイント、Audi Sport製20インチアルミホイール5 Vスポークマットチタングレーポリッシュト、 ダンピングコントロールサスペンションを特別装備。

 また、インテリアにはロックグレーのコントラストステッチを施したブラックのパーシャルレザー、マルチカラーアンビエントライティング等を含む「プラスパッケージ」を装備し、シックでスタイリッシュな装いに仕上げている。

 なお、販売台数はQ3 ハイスタイルが250台、Q3スポーツバック ハイスタイルが350台の合計600台となっている。


車両本体価格一覧
モデルエンジントランスミッション駆動方式ステアリング価格(消費税込)Q3 ハイスタイル1.5L 直列4気筒DOHC
ガゾリン ターボ
150PS/250Nm7速SトロニックFWD右5,720,000円Q3スポーツバック
ハイスタイル1.5L 直列4気筒DOHC
ガソリン ターボ
150PS/250Nm7速SトロニックFWD右6,160,000円アウディ ジャパン 公式HP:
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

【あわせて読みたい】

https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/by-vehicle-type-information/203094/ Q3の新車情報を見る

Q3スポーツバックの新車情報を見る

こんな記事も読まれています

役割集中に「結構キツい」とトヨタ小林可夢偉。「絶望的ではない」と平川亮。ポルシェへの対抗策は?/ル・マン24時間
役割集中に「結構キツい」とトヨタ小林可夢偉。「絶望的ではない」と平川亮。ポルシェへの対抗策は?/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ビルシュタインからテスラ『モデル3』用車高調「EVO S」が発売
ビルシュタインからテスラ『モデル3』用車高調「EVO S」が発売
レスポンス
マーベリック・ビニャーレス、KTM陣営移籍決定か? 実現すれば異なる4メーカーでのMotoGP参戦に
マーベリック・ビニャーレス、KTM陣営移籍決定か? 実現すれば異なる4メーカーでのMotoGP参戦に
motorsport.com 日本版
『フォード・モンデオ(JTCC編)』豪華体制も日本では大成しなかった4ドアセダン【忘れがたき銘車たち】
『フォード・モンデオ(JTCC編)』豪華体制も日本では大成しなかった4ドアセダン【忘れがたき銘車たち】
AUTOSPORT web
ホンダが新型「ビート」初公開! “スポーティ×経済的”な「2シーター仕様」で復活か! “名車”を継ぐ「新型二輪モデル」を尼で発表
ホンダが新型「ビート」初公開! “スポーティ×経済的”な「2シーター仕様」で復活か! “名車”を継ぐ「新型二輪モデル」を尼で発表
くるまのニュース
電動キックボードや普通のバイクとは区分が違う? ナゾの乗り物「ペダル付き電動バイク」
電動キックボードや普通のバイクとは区分が違う? ナゾの乗り物「ペダル付き電動バイク」
バイクのニュース
フィアット500が19年ぶりフルモデルチェンジ 新型ハイブリッド、2026年導入へ
フィアット500が19年ぶりフルモデルチェンジ 新型ハイブリッド、2026年導入へ
AUTOCAR JAPAN
ヒョンデの新型EV、その名は『インスター』…ティザー
ヒョンデの新型EV、その名は『インスター』…ティザー
レスポンス
なぜジープからランドローバー新型「ディフェンダー」へ乗り換えた? ホイールやマフラーなど徐々にカスタムを楽しんでいます
なぜジープからランドローバー新型「ディフェンダー」へ乗り換えた? ホイールやマフラーなど徐々にカスタムを楽しんでいます
Auto Messe Web
トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
トヨタ“謝罪”株主総会スタート、「出席表明」の豊田章男会長は“ドタキャン”[新聞ウォッチ]
レスポンス
WRCのハイブリッド廃止案が撤回に。今後2シーズンは現規定を維持、新マシン導入は2027年以降か
WRCのハイブリッド廃止案が撤回に。今後2シーズンは現規定を維持、新マシン導入は2027年以降か
AUTOSPORT web
車の「サンシェード」意味あるの? “暑い車内”はどう対処する? 「最速で冷やすカンタンな方法」とは
車の「サンシェード」意味あるの? “暑い車内”はどう対処する? 「最速で冷やすカンタンな方法」とは
くるまのニュース
勘違い多発!ゼブラゾーンは走行してもいいのか
勘違い多発!ゼブラゾーンは走行してもいいのか
バイクのニュース
ロータスのハイパーEV『エメヤ』、急速充電で他社をリード…14分でバッテリーの80%充電
ロータスのハイパーEV『エメヤ』、急速充電で他社をリード…14分でバッテリーの80%充電
レスポンス
ホンダ新型「ヴェゼル」登場! 搭載の「最新ハイブリッド」何がスゴイ? 他メーカーがマネしない「e:HEV」の進化とは
ホンダ新型「ヴェゼル」登場! 搭載の「最新ハイブリッド」何がスゴイ? 他メーカーがマネしない「e:HEV」の進化とは
くるまのニュース
アルピーヌ、離脱確定のオコンもガスリーと“平等”と明言。激しい中団争いの最中で揉めている場合ではない?
アルピーヌ、離脱確定のオコンもガスリーと“平等”と明言。激しい中団争いの最中で揉めている場合ではない?
motorsport.com 日本版
スズキが“新”「ハスラー」発表! めちゃ黒顔の「新タフワイルド」も設定! オシャレベージュ&斬新2トーンも用意 「カラバリ」の変化とは
スズキが“新”「ハスラー」発表! めちゃ黒顔の「新タフワイルド」も設定! オシャレベージュ&斬新2トーンも用意 「カラバリ」の変化とは
くるまのニュース
ライダーの感情を色で可視化 ヤマハが開発する「感情センシングアプリ」とは?
ライダーの感情を色で可視化 ヤマハが開発する「感情センシングアプリ」とは?
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

485.0633.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

307.0548.0万円

中古車を検索
Q3 スポーツバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

485.0633.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

307.0548.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村