サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界最速だったジャガー「XJ220」は5200万円! フェラーリ「F50」やブガッティ「EB110」の半値以下の理由とは

ここから本文です

■課外活動で生まれた世界最速のスーパーカー

「ヤングタイマー」と呼ばれる1980-90年代のスーパーカーたちは、2020年代を迎えた今、クラシックカー/コレクターズカーのマーケットにおいて主役の一端を担いつつあるようだ。

600万円でフェラーリ泥沼生活! 「412」は本当にリーズナブルなV12モデルなのか!?

 とくに現代の「ハイパーカー」に系譜をつなぐような超弩級モデルが登場し始めたのもこの時代のことだった。そんな元祖ハイパーカーたちは、次から次へと登場する現代のハイパーカーにも飽き足らない上級志向のエンスージアストに向けて、国際オークションでも重要な人気商品となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ