現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 英国のガソリンスタンド事情 EV普及で「給油」需要減 厳しい生存競争へ

ここから本文です
英国のガソリンスタンド事情 EV普及で「給油」需要減 厳しい生存競争へ
写真を全て見る(5枚)

ガソリンスタンドは消えてしまうのか

クルマの電動化が進む中で、ガソリンスタンドはどう立ち回っているのだろうか。EV普及を進める英国では、「給油」を取り巻く環境が急速に変化している。現地記者のレポートをお届けする。

【画像】日本でも売れる? 英国で人気の最新EV【ヴォグゾール・コルサe、フォルクスワーゲンID.3を写真で見る】 全35枚

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ちょうど100年前、英国初のガソリンスタンドがバークシャー州にオープンし、当時多くのドライバーを喜ばせた。

バークシャー州オルダーマストンにあったこのスタンドは、AA(英国自動車協会)が所有していた。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
レスポンス
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
くるまのニュース
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

67件
  • bh5********
    環境環境環境という名の利権ですよね。ホントに環境のためならV8やV10等の大排気量の高級車なんていらないよね。スポーツカーもいらないよね。けど、金持ち道楽のクルマたちはまだまだ、ガソリンだよね。結局は、利権やマネーゲームであって、庶民は遊ばれているだけ。そんなに温暖化が心配なら中国の工場排気ガスを規制したら、チマチマ一台毎のガソリン規制より温室効果ガス削減は効果的ですよね。誰も自分が損してまで環境のことなんて考えない。レジ袋、ストロー等も利権や政治家のPRだけの道具。
    もう、ガソリン使ったらいいのですよ。
  • wat********
    てか日本ではEV関係なくガソリンスタンドが潰れまくっている(人口減や燃費向上により)、とくに地方では10〜20年とか経つとそもそもガソリン車の保有すら困難になりそうなほどの状況(一桁国道とかの主要道沿いの地方は別として)

    そのへんのEV関係ない話(日本とどう違うのか)が知りたかったが、まったく書いてなかった
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村