サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 酒呑童子伝説の山から由良川流域に湧く雲海を一望にする(京都府 大江山)【雲海ドライブ&スポット Spot 62】

ここから本文です

雲の海から昇る朝日を鬼嶽稲荷神社で拝む

丹後半島の付け根に位置し、酒呑童子伝説でも知られる標高832mの大江山。その東を流れる由良川の流域では川霧が発生しやすく、寒暖差の大きい秋から冬にかけての早朝はそれが雲海となって谷筋を埋め尽くすことになる。雲海の展望ポイントは大江山の中腹にある鬼嶽稲荷神社。この神社の周辺は雲海の発生する東南に向かって展望が開けているため、雲海を眺めるには絶好の場所で、雲の海から昇る朝日を拝むこともできる。

遠景も近景も楽しめる大人気の「天空の城」(兵庫県 竹田城跡)【雲海ドライブ&スポット Spot 61】

アクセスガイド

大江山に最も近いのは京都縦貫道・舞鶴大江IC。

おすすめのニュース

サイトトップへ