サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバルの頂点モデル「レガシィ アウトバック」正式発表。なぜ北米市場から2年も遅れて日本発売されたのか?

ここから本文です

<北米発売は2年前。日本導入が遅れた理由とは?>

スバルが第6世代となる「レガシィ アウトバック」を発表しました。グレード展開は、グリーンの差し色でアウトドア志向を表現した「X-BREAK EX」(414万7000円)と、切削のアルミホイールでアーバンテイストを表現した「Limited EX」(429万円)の2種類です。

新型スバル「レガシィ アウトバック」公開 1.8L水平対向直噴ターボ搭載、全方向ボディサイズ拡大

実は、6代目となる現行アウトバックのグローバル展開がはじまったのは2019年9月で(※グローバルでは「アウトバック」という車名で展開)、北米市場に投入されて2年後にようやく日本導入が実現しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ