サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産自動車が伊勢原市とEVを活用した「災害連携協定」を締結。停電の恐れが生じた場合はリーフを無償貸与

ここから本文です

2月12日、日産自動車と神奈川日産自動車、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川販売と伊勢原市の5者は、EVの蓄電機能に着目した「災害時における電気自動車からの電力供給の協力に関する協定」を締結したと発表した。

伊勢原市民だけでなく観光客の安心・安全も確保し、災害に強い観光地を目指す

シャシーナンバー4860の「ランボルギーニ・ミウラSVJ」がパリで開催されたクラシックカーの祭典「レトロモビル」に出展!

 この協定は、伊勢原市がEVを非常用電源として活用できる体制を構築し、伊勢原市内の日産販売会社店舗が日産のEV「リーフ」を無償貸与することで、市民の生命及び身体の安全を守ることを目的としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ