サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ「KR1000」をモチーフとする「OV-40」はいかにして生まれたのか? ~CLASSIC TT-F1を目指して(6)~

ここから本文です
 当記事では、オリジナルマシンの「OV-41」で、海外のクラシックTT-F1レース参戦を夢見る3人の男、車両製作を担当した『OVERレーシング』の佐藤健正さん、ライダーを務める『D;REX(ディーレックス)』の豊田浩史さん、そして発起人の寺嶋浩司さんの活動を数回にわたって紹介しています。

 これまでの展開をざっとおさらいしておくと、「主力機種として熟成が続くOV-41の詳細」、「往年のTT-F1レースの概要」、「プロジェクトの発端となったモリワキZEROのレストア」、という内容でした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン