現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 自動車安全テストが激減? メーカー「滑り込み」で高評価獲得 欧州、新要件導入前に

ここから本文です
自動車安全テストが激減? メーカー「滑り込み」で高評価獲得 欧州、新要件導入前に
写真を全て見る(1枚)

常に移動する「ゴールポスト」 高評価獲得を急ぐメーカー

欧州の自動車安全テスト機関であるユーロNCAPは、2022年に過去最多の73車種を評価したが、2023年の評価数はわずか18車種にとどまった。この大幅な減少については、新しいテスト要件の導入に間に合わせようとメーカーが急いだことも一因であるとされている。

【画像】ホンダやレクサスも「高評価」獲得!【2023年ユーロNCAPで高評価を得たBMW、ホンダ、レクサスを写真で見る】 全54枚

欧州市場における新車の売れ行きだけでなく、保険料にも影響を与えると言われているユーロNCAPで最高評価の5つ星を獲得することは、多くのメーカーの間で開発目標の1つとなっている。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

英ロータス 過去最高の販売台数達成 7億5000万ドルの赤字も「着実に前進」 今後4年で飛躍目指す
英ロータス 過去最高の販売台数達成 7億5000万ドルの赤字も「着実に前進」 今後4年で飛躍目指す
AUTOCAR JAPAN
韓国キア「需要変動に対応」 EV販売の鈍化を受けハイブリッド車強化へ 5年以内に9車種導入
韓国キア「需要変動に対応」 EV販売の鈍化を受けハイブリッド車強化へ 5年以内に9車種導入
AUTOCAR JAPAN
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
Auto Messe Web
テスラ新型EV、開発中止か 安価な「モデル2」から自動運転ロボタクシーへシフト
テスラ新型EV、開発中止か 安価な「モデル2」から自動運転ロボタクシーへシフト
AUTOCAR JAPAN
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
レトロでカッコいい新ミニバン登場? ルノーの名車「エスパス」EVとして復活の可能性
AUTOCAR JAPAN
2023年度の国内販売で電気自動車販売台数ナンバー1を日産「サクラ」が獲得!
2023年度の国内販売で電気自動車販売台数ナンバー1を日産「サクラ」が獲得!
月刊自家用車WEB
アメリカでは自国生産以外のEVは補助金対象外! 日本のEV補助金は「日本車限定」にすべきなのか? 
アメリカでは自国生産以外のEVは補助金対象外! 日本のEV補助金は「日本車限定」にすべきなのか? 
ベストカーWeb
「48Vマイルドハイブリッド」はなぜ日本で普及しないのか? 欧州では一般的にもかかわらず
「48Vマイルドハイブリッド」はなぜ日本で普及しないのか? 欧州では一般的にもかかわらず
Merkmal
愛されてNo.1!「日産サクラ」、2023年度の国内販売で電気自動車販売台数第1位に!
愛されてNo.1!「日産サクラ」、2023年度の国内販売で電気自動車販売台数第1位に!
LE VOLANT CARSMEET WEB
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
日本一売れてる“日産”の「軽ハイトワゴン」!? 2年連続で国内シェア1位! “超静音”な電動「サクラ」が支持された理由とは
くるまのニュース
「商用車のテスラ」目指します ルノーとボルボ、新会社でEV開発へ 日産から発売の可能性も?
「商用車のテスラ」目指します ルノーとボルボ、新会社でEV開発へ 日産から発売の可能性も?
AUTOCAR JAPAN
「欧州テイスト」の中国車、どこから生まれる? 好まれる "乗り心地" の違いとは ニオ(NIO)
「欧州テイスト」の中国車、どこから生まれる? 好まれる "乗り心地" の違いとは ニオ(NIO)
AUTOCAR JAPAN
フォルクスワーゲンID7 詳細データテスト クラス屈指の広さと快適さ 適度な走り 質感は価格相応
フォルクスワーゲンID7 詳細データテスト クラス屈指の広さと快適さ 適度な走り 質感は価格相応
AUTOCAR JAPAN
自分の「首を絞めた」コダワリ品質 ランチア・アウレリア B10 ブリストル405(1) ピークは1950年代
自分の「首を絞めた」コダワリ品質 ランチア・アウレリア B10 ブリストル405(1) ピークは1950年代
AUTOCAR JAPAN
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
AUTOCAR JAPAN
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
航続距離は約350km? GクラスのEV版、4月24日世界初公開へ! メルセデス・ベンツ新型「G580」年内導入か
AUTOCAR JAPAN
スポーツ走行と快適性の「夢」の両立 6年かけて開発、ポルシェ最新サスペンションの仕組みとは
スポーツ走行と快適性の「夢」の両立 6年かけて開発、ポルシェ最新サスペンションの仕組みとは
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

5件
  • けー
    日本の軽自動車も平等にテストしてくれ
  • box-str6-bbs
    2023年の高評価の殆どが中国と韓国EVらしい。

    欧州どうした?

    中韓EVで欧州が埋め尽くされるぞ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村