現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アルピナB3ビターボ G20型BMW 3シリーズがベース 試作車が路上テストに

ここから本文です

新型アルピナB3ビターボ G20型BMW 3シリーズがベース 試作車が路上テストに

掲載 更新
新型アルピナB3ビターボ G20型BMW 3シリーズがベース 試作車が路上テストに

最高出力は410ps~500ps?

アルピナが、B3ビターボの後継モデルの開発を進めている。カモフラージュを施したプロトタイプが、初めて公道で目撃されたのだ。

【画像】新型アルピナB3とG20型3シリーズ 全88枚

BMWがG20型3シリーズを発売したため、その先代のF30型をベースにB3ビターボを製造していたアルピナも、G20型をベースにしたB3ビターボの後継を2020年に発表する見込みだ。その前にBMW自身から登場する新型M3がセダンのみであるのに対し、アルピナ・バージョンはこれまでと同様、セダンとツーリング(ステーションワゴン)を用意するだろう。

「2020年に発表される見込みのB3ビターボ後継モデル(試作車)」アルピナの新型モデルは、BMW M340iをベースに、3.0L直列6気筒ターボ・エンジンの最高出力を、M340iの374psから400ps以上に引き上げたものになる。現行のB3ビターボは410ps、さらに高性能版のB3 Sビターボは440psとなっている。次世代のM3は500psを超えると言われているため、アルピナはその間の410psから500psという出力になりそうだ。

これまで登場したすべてのアルピナと同様に、今度の新型モデルも、サスペンションは標準の3シリーズを超える快適な乗り味にチューンされるが、アダプティブダンパーのスイッチを切り替えれば、よりシャープにボディをコントロールすることができる。

外観についてG20型と異なる点を、現時点で分かっている範囲で見てみよう。

人気では新型M3を上回るか

次期型B3は、ビジュアル面でもM340iと異なる多くの変更が加えられることが、プロトタイプの写真を見るとわかる。

アルピナのトレードマークであるマルチスポークのホイールや、「ALPINA」のロゴが入ったフロント・バンパーをはじめとする専用ボディキット、そしておそらくアクラポヴィッチ製と思われる4本出しのエグゾーストが装着される。インテリアもアルピナ独自のトリムが用意され、専用のバッジやエンブレムで各部をあしらうだろう。

「アクラポヴィッチ製と思われる4本出しエグゾーストも」アルピナは数十年前からBMWと密接に協力しながら、BMWの標準モデルより速いクルマの開発や改良、さらに一部組み立ても行っている。近年のB5やB7といったモデルは、市場でBMW自身のMモデルを事実上凌ぐほどの人気を得ている。新型B3も同じような高い評価になると予想される。

発表は新型M3の方が先になる見込みだが、新型B3が先に受注を開始する可能性もある。価格はスタンダードなB3が6万ポンド(780万円)以上と考えられ、高性能版のB3Sは7万ポンド(910万円)を超えるだろう。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

マクラーレンF1のブレーキドラムに開いた”小さな穴”に、ライバルが疑惑の目向ける
マクラーレンF1のブレーキドラムに開いた”小さな穴”に、ライバルが疑惑の目向ける
motorsport.com 日本版
ハース離脱のマグヌッセン「まだ移籍のチャンスがある。F1のシートを最後まで諦めない」リザーブには興味なし
ハース離脱のマグヌッセン「まだ移籍のチャンスがある。F1のシートを最後まで諦めない」リザーブには興味なし
AUTOSPORT web
自動運転で「179km/h」!グッドウッドのヒルクライム最速記録を樹立
自動運転で「179km/h」!グッドウッドのヒルクライム最速記録を樹立
レスポンス
10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
10年も輸入車トップを堅守! 日本でメルセデス・ベンツが売れるワケ
WEB CARTOP
「商談中」の札が出てても略奪可能なことも多し! 中古車屋の「商談中」は大した効力のない状況だった
「商談中」の札が出てても略奪可能なことも多し! 中古車屋の「商談中」は大した効力のない状況だった
WEB CARTOP
べドリンが優勝。今季10人目のウィナー誕生|FIA F3ハンガロリンク スプリントレース
べドリンが優勝。今季10人目のウィナー誕生|FIA F3ハンガロリンク スプリントレース
motorsport.com 日本版
トヨタ「“次期型ハイエース”」どうなる!? 「新型に期待」「そろそろ?」の声多数!? デビュー20年目の「大人気“商用バン”」全面刷新するのか
トヨタ「“次期型ハイエース”」どうなる!? 「新型に期待」「そろそろ?」の声多数!? デビュー20年目の「大人気“商用バン”」全面刷新するのか
くるまのニュース
これがカングー!? 大幅進化にビックリも「らしさ」もシッカリ残っていた! 藤島知子×石田貴臣【動画】
これがカングー!? 大幅進化にビックリも「らしさ」もシッカリ残っていた! 藤島知子×石田貴臣【動画】
WEB CARTOP
【夏休み】阪急バスの子ども定期券、1000円で乗り放題!…わくわくキャンペーン2024
【夏休み】阪急バスの子ども定期券、1000円で乗り放題!…わくわくキャンペーン2024
レスポンス
【スタッフ通信】フランス車 無差別級 五種競技! 金メダルに輝くのはどのクルマ??
【スタッフ通信】フランス車 無差別級 五種競技! 金メダルに輝くのはどのクルマ??
Auto Prove
スズキが「新型“コンパクトSUV”」を公開! 全長4.3m級ボディ&「斬新シフト」採用! 2025年に「日本発売」も予定の「eVX」尼で展示
スズキが「新型“コンパクトSUV”」を公開! 全長4.3m級ボディ&「斬新シフト」採用! 2025年に「日本発売」も予定の「eVX」尼で展示
くるまのニュース
英国伝統の二輪ブランド「ノートン」が世界展開拡大へ、3年間で6台の新モデル投入計画
英国伝統の二輪ブランド「ノートン」が世界展開拡大へ、3年間で6台の新モデル投入計画
レスポンス
YART YAMAHAのマービン・フリッツ爆速ポールポジション! ドゥカティKAGAYAMA&ホンダがトップ3に並ぶ|鈴鹿8耐トップ10トライアル
YART YAMAHAのマービン・フリッツ爆速ポールポジション! ドゥカティKAGAYAMA&ホンダがトップ3に並ぶ|鈴鹿8耐トップ10トライアル
motorsport.com 日本版
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.7.20)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.7.20)
@DIME
NA車をパワーアップ! ブリッツ「パワスロNA」「パワコンNA」に『ヤリスハイブリッド』用が登場
NA車をパワーアップ! ブリッツ「パワスロNA」「パワコンNA」に『ヤリスハイブリッド』用が登場
レスポンス
ホンダ HRC主催のeスポーツイベント20万人を超える「Honda Racing eMS 2024」を開催
ホンダ HRC主催のeスポーツイベント20万人を超える「Honda Racing eMS 2024」を開催
Auto Prove
人気ミドルSUVが2代目に進化! ポルシェ新型「マカン」日本登場 後輪駆動モデルも発表、4グレードで予約受注開始
人気ミドルSUVが2代目に進化! ポルシェ新型「マカン」日本登場 後輪駆動モデルも発表、4グレードで予約受注開始
VAGUE
たくさん積めるしベッドも常設なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
たくさん積めるしベッドも常設なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

168.01370.0万円

中古車を検索
B3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1229.01258.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

168.01370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村