サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、医療機器メーカー支援 フェイスシールド生産 グループ企業もマスクや防護服で支援

ここから本文です

トヨタ、医療機器メーカー支援 フェイスシールド生産 グループ企業もマスクや防護服で支援

トヨタ、医療機器メーカー支援 フェイスシールド生産 グループ企業もマスクや防護服で支援

 トヨタ自動車は7日、新型コロナウイルスの国内対策として医療機器メーカーなどへの支援を表明した。月内にもフェイスシールド(防護マスク)の生産に乗り出すほか、グループ企業とともに医療機器メーカーの生産性向上を支援したり、搬送車に感染対策を施したりする。一方、グループ内ではサプライヤーや販売店向けの支援、競争力向上のための取り組みを進める。

 フェイスシールドは貞宝工場(愛知県豊田市)で生産準備を進めており、月内にも週500~600個のペースで生産を始める。また、アイシン精機は病院で使う簡易ベッド台や仕切り壁、消毒液容器などの生産で協力できないか検討に入った。また、経済産業省による協力要請を踏まえ、グループとして医療用マスクや防護服、体温計などの海外調達にも乗り出す。また、感染者を移送する機会が増えることをにらみ、車両前後席の仕切り板や飛沫感染を抑える空調装置などの試作にも入った。後付けキットとして「ジャパンタクシー」などに提供していく。

医療崩壊を防げ 自動車・部品・素材メーカーが支援を本格化 フェイスシールドや治療薬開発 新型コロナ対応

 また、生産ラインで従業員が使うマスクをデンソーやアイシン精機、トヨタ紡織、ダイハツ工業、日野自動車が自社生産する。一般には販売しないが、市場からの調達量を減らすことでマスク需給の緩和につなげる狙いもある。

 グループ内では今後、生産調整期間を活用して老朽設備の更新を進めるほか、サプライチェーン(供給網)維持のため、世界規模で代替生産や応援策などを検討する。事務系でも、在宅勤務用のシステムを拡充したり、就業規則を見直すなど〝コロナショック〟を競争力向上の契機とする取り組みを進める。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します