サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シンティアム・アップル・ロータスが10年ぶりの勝利!【スーパーGT Rd02富士SW GT300クラス】

ここから本文です
2020年スーパーGT選手権第2戦GT300クラスは、予選3番手スタートのシンティアム・アップル・ロータスがチーム10年ぶりとなる勝利を飾った。

ルーキーチームがポールポジション
GT300クラスは6号車ADVICS muta MC86が参戦2戦目にして初ポールを獲得。2番手に55号車ARTA NSX GT3、3番手に2号車シンティアム・アップル・ロータスが続く。4番手スタートの61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTがオープニングラップからポジションを上げ2位に浮上、トップの6号車に迫る。

おすすめのニュース

サイトトップへ