現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】マルティン、タイトル逃すも今季の結果誇る「僕らは歴史に残ることをやったし、後半戦では僕が最強だった」

ここから本文です

【MotoGP】マルティン、タイトル逃すも今季の結果誇る「僕らは歴史に残ることをやったし、後半戦では僕が最強だった」

掲載
【MotoGP】マルティン、タイトル逃すも今季の結果誇る「僕らは歴史に残ることをやったし、後半戦では僕が最強だった」

 ホルヘ・マルティン(プラマック)は2023年のMotoGPチャンピオンを最終戦まで争ったが、最終的には2位でシーズンを終えた。フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)に連覇を許す形となったが、マルティンとしては後半戦は自分が最強だったと感じているという。

 マルティンは最終戦バレンシアGPに、バニャイヤに対して21ポイント差のランキング2番手という立場で挑んだ。スプリントレースで勝利しバニャイヤとの差を14ポイントに縮めたマルティンだったが、決勝レースでは序盤にバニャイヤと先頭を争いながらも、ミスからポジションをダウン。さらにその後追い上げを目指す中でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)と絡んで転倒リタイア。チャンピオンには手が届かなかった。

■MotoGP参戦取り消し処分受けたRNF、北米NASCARのトラックハウス・レーシングが買収へ? ”プラマックスタイル”目指すと判明

 レース後、マルティンはバニャイヤの連覇を祝福。ただシーズン後半戦では自分が最強だったと感じていると話すなど、満足感も覗かせた。

「ペッコ(バニャイヤ)におめでとうと言いたい。彼はチャンピオンに値するし、今シーズンは素晴らしい仕事をしてきたと思う。ドゥカティとしても嬉しいことだろう」

「自分自身について言うと、今日は泣けるような1日だったかもしれない。でも、もう忘れたよ」

「今はもうそういった気持ちじゃないんだ。サテライトチームに所属しつつ僕らが成し遂げた結果を祝うべき1日のように感じている」

「僕らは歴史に残るコトをやったんだ。(スプリント合わせて)13勝して、表彰台も何度か分からないほど立ったし、レースでも何周か分からないほど先頭を引っ張った。今シーズンは素晴らしい仕事ができたと思う」

「僕が考えていた目標はトップ3だった。だからそれ以上の結果を成し遂げたんだ」

「チャンピオンシップを手に入れられそうになっていたら、それを失いたくないと思うだろう。でも今日、僕はチャンピオンシップを失ったとは思っていない」

「正直、21ポイント差でここに来ていたのが大きな問題だったんだ。でもシーズン後半戦から今までは、僕が最も強かったように感じられているよ」

 なおマルティンはバレンシアGP決勝の3周目にターン1で止まりきれなかったのは、スリップストリームの影響だったと説明。そしてそこからの追い上げる中では、6番手を争ったマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)が過度にアグレッシブだったとも批判している。

「ああ、あそこではペッコをオーバーテイクしようとしていたんだ」

「本当に複雑な場所なんだけど、レースを動かすにはベストなポジションだと僕は思っていた」

「でも複雑でリスクも高すぎると分かって、後ろに付こうとしたんだ。だけどスリップストリームに吸われてしまった」

「彼を押し出したら酷いクラッシュになると思って、それは避けようとした。ただアウトサイドは凄くスリッピーだったんだ。その後はカムバックしようと頑張って、タイヤをマネジメントしながらもプッシュして凄く良いペースで走れたと思う」

「マーベリックがしていたことは、よく分からなかった。僕はチャンピオンシップを争っていて、彼は6番手を争っていたんだ」

「だから僕を抜いても意味はなかったと思う。それに、僕は他のライダーよりもずっと強かったと思う」

「まあ、僕も人のことは言えないかも知れないけどね。マーベリックを抜いた後は忍耐強く行くべきだった」

「すぐにマルクを追い抜こうとしていたんだ。ポジションを奪えたと思ったんだけど、彼はブレーキをリリースして、もう追い抜いてコーナーに入った時にラインを閉めてしまったように感じられた。できることはなかった」

「接触でクラッシュして残念だよ」

 マルティンはもし今シーズンのチャンピオンを手にしていたならば、ドゥカティのファクトリーチームに昇格することが決まっていたと言われる。結果的に2位だったため、今ではその可能性は低くなっていると思われる。

 ただマルティンはそのチャンスのために、自分自身の価値を十分に証明できたと考えている。そしてドゥカティがそれを認めないなら、昇格することは決して無いだろうと語った。

 来年のファクトリー昇格の可能性があると思うかと尋ねられたマルティンは「そうは思わない」と答え、更に次のように続けた。

「僕は自分のいる場所に満足している。たとえ勝っていたとしても、(昇格は)意味がないと思う。なぜなら(タイトルを)勝ち取ったなら、それはベストチームにいることになるからだ。そして、僕はベストチームにいると思う」

「正直に言うと、“赤”になるためのポテンシャルを今だに彼らに示せていないというのなら、僕は決して“赤”にはならないだろう。これ以上の結果は本当に困難なモノだからだ」

「最終戦まで挑んで、2位でフィニッシュした。もしこれで彼らが(ファクトリーに)入れてくれなかったのなら、いずれにしても僕をそこに置くつもりはないんだろうね」

こんな記事も読まれています

VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
レスポンス
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
motorsport.com 日本版
地球上で最も壮観な道路!?  「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
地球上で最も壮観な道路!? 「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
motorsport.com 日本版
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
レスポンス
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
ベストカーWeb
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
Auto Messe Web
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
モーサイ
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
くるまのニュース
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
motorsport.com 日本版
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
AutoBild Japan

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村