現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スタイリングやハンドリングの良さまでもモノにした進化形SUV!「メルセデス・ベンツGLEクーペ」【試乗記】

ここから本文です

スタイリングやハンドリングの良さまでもモノにした進化形SUV!「メルセデス・ベンツGLEクーペ」【試乗記】

掲載 更新 5
スタイリングやハンドリングの良さまでもモノにした進化形SUV!「メルセデス・ベンツGLEクーペ」【試乗記】

オプションの“Eアクティブボディコントロール”による一体感あふれるコーナリング性能も魅力

現在のように多種多様なSUVがリリースされるなかで人に選んでもらうには、何かしら頭ひとつ抜きん出る必要がある。そこで各メーカーは、他とは違う個性をと、あの手この手を繰り出している。そのひとつがSUVクーペというスタイルだろう。力強さや無骨さを前面に押し出すことが優先されてきたSUVをあえてスタイリッシュに仕立てるという、いわばギャップの創出。その魅力にひかれる人も少なくないようで、いまでは各メーカーがこぞってSUVクーペを投入している。

マツダ注目のマイルドハイブリッドモデル「MX-30」の試乗インプレッション&動画

メルセデス・ベンツでは先代GLEでバリエーションモデルとしてクーペ仕様を追加し、それがフルモデルチェンジを受けて2代目に進化、先頃日本に上陸した。そう記してしまうと、ベース車のモデルチェンジに合わせたルーティーンと捉えられがちだが、今回の変更はそんな単純なものではない。新型は全長4955×全幅2020×全高1715mmと大きく広く低く仕立てられるいっぽうで、ホイールベース(2935mm)はベース車からわざわざ60mm短縮されている。それは流麗なスタイリングとともにフットワークもクーペらしさを追求したいとの狙いからだ。




そんな新型GLEクーペの運転席からは、最新メルセデスの流儀で仕立てられたクリーンな眺めが広がっている。いままでの“ヨンク”であれば機械式のメーターや大型の物理スイッチなどが配置されるのが常套手段だったが、もはやそれも昔の話。GLEクーペのメーター周りは横長の大型ガラスパネル(12.3インチ×2)が据えられ、センターコンソールにはタッチパッドと、無骨な印象はまったくない。GLEの前身モデルから続くセンタートンネルのグラブハンドルが山型に湾曲してその存在感を主張する点が、わずかにSUVらしいところだろうか。




新型には2種のエンジンが用意される。高性能仕様のAMGモデルには435psと520Nmを発生する3L 直6ターボ+48Vシステムを搭載。そして今回の試乗車である標準仕様には330psと700Nmを発生する3L 直6ターボディーゼルが載り、9速ATの“9G-TORONIC”と4MATIC・4WDを組み合わせる。
このディーゼル・エンジンはフラッグシップモデルのSクラスで採用済みの新世代ユニットだが、旧世代のV6ブルーテック搭載車をプライベートで愛用しているものからすれば、そのマナーはまさに隔世の感がある。ひと昔前、直6ガソリンユニットに用いられた“シルキーシックス”という形容がこの新しい直6ディーゼルにもしっくりくるほど、滑らかな回転フィールを示してくれるのだ。また、スロットル操作に対してしっかりとトルクがついてきてくれる点も気持ちよく、清々しい。パワートレインの“電化”が進められているなかでも、内燃機関のポテンシャルの高さを窺わせる秀逸なユニットだと思う。

そんなエンジンの進化とともに驚かされたのが、GLEクーペのハンドリングだ。先述のようにホイールベースが短縮されたことが大いに効いているのだろう、ボディ上屋の動きは最小限に抑えられ、鼻先の動きも機敏で、この巨体でも山道での素直なハンドリングを楽しむことができる。また、試乗車にオプション装着されていた“Eアクティブボディコントロール”の貢献度も高いようで、これとリンクするダイナミックセレクトの“CURVE”モードでは、電子制御サスペンションのダンピングを最適化し、必要に応じて車体を内側にリーンさせて旋回時の安定性を高めてくれるから、さらに一体感が強まるよう。GLEクーペには、走破性やユーティリティといった基本性能はもとより、スタイリングやハンドリングの良さまでもモノにした、進化形SUVのいまがギュッと詰まっている。




【Specification】メルセデス・ベンツ GLE 400d 4マチック・スポーツ
■車両本体価格(税込)=11,860,000円
■全長×全幅×全高=4955×2020×1715mm
■ホイールベース=2935mm
■トレッド=前1685、後1720mm
■車両重量=2350kg
■エンジン型式/種類=656/直6DOHC24V+ターボ
■内径×行径=82.0×92.3mm
■総排気量=2924cc
■圧縮比=15.5
■最高出力=330ps(243kW)/3600-4200rpm
■最大トルク=700Nm(71.4kg-m)/1200-3200rpm
■燃料タンク容量=85L(軽油)
■燃費=(WLTC)11.7km/L
■トランスミッショッン形式=9速DCT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前Vディスク、後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前:275/45R21 後:315/40R21

公式サイト
メルセデス・ベンツ日本 https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gle/gle-coupe/explore.html

こんな記事も読まれています

街の景色を変える圧倒的存在感! 光岡自動車 2代目ヒミコ試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
街の景色を変える圧倒的存在感! 光岡自動車 2代目ヒミコ試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
マツダを救った驚異の小型車! 初代デミオは驚異的なパッケージと価格だった
マツダを救った驚異の小型車! 初代デミオは驚異的なパッケージと価格だった
WEB CARTOP
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
リカルド「順位入れ替えは想定内。角田が冷静になって『1周早く譲るべきだった』と言ってくれるといいね」/F1第1戦
AUTOSPORT web
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
コマツが職業体験施設キッザニア東京に「建設機械開発センター」パビリオン開設 3月19日
レスポンス
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!?  「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
トヨタ新型「プリウス”クーペ”」!? 「ド迫力ワイドボディ」がめちゃ美しい! ”2ドアクーペ版”CG実現の可能性とは
くるまのニュース
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
住友ゴム工業が「第51回東京モーターサイクルショー」DUNLOP ブースの出展概要を発表!
バイクブロス
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
トヨタ「ガイア」は「イプサム」ベースの上級車種! ホンダ「オデッセイ」に真っ向勝負した5ナンバー枠のミニバンでした
Auto Messe Web
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
WEC開幕戦、6号車ポルシェ・ペンスキーを筆頭に、ポルシェ勢が表彰台を独占。トヨタは6位 【カタール1812km決勝】
Webモーターマガジン
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
マセラティ グラントゥーリズモのオープンモデル「グランカブリオ」を発表
Auto Prove
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
今季からタイム合算となるスーパーGTの予選、戦い方はどう変わる? Q1アタックでの“妥協点”など頭悩ませる要素多し
motorsport.com 日本版
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
ひとつでも当てはまったら旧車趣味はあきらめたほうがいい? 旧車乗りにつきまとう7つの問題
WEB CARTOP
リワ・オアシスへの道。「ポルシェ911ダカール」をレーシング・ドライバーのアムナ・アル・クバイシがドライブ
リワ・オアシスへの道。「ポルシェ911ダカール」をレーシング・ドライバーのアムナ・アル・クバイシがドライブ
LE VOLANT CARSMEET WEB
マグヌッセン、角田裕毅&リカルドの猛攻凌ぎ12位「ポイントには届かなかったけど満足。去年とはかなり違う気がするよ!」|F1バーレーンGP
マグヌッセン、角田裕毅&リカルドの猛攻凌ぎ12位「ポイントには届かなかったけど満足。去年とはかなり違う気がするよ!」|F1バーレーンGP
motorsport.com 日本版
めちゃ増えてる!? 神出鬼没の新型「半固定式オービス」って何? 設置拠点の「法則性」は!? 「移動式オービス」との差とは
めちゃ増えてる!? 神出鬼没の新型「半固定式オービス」って何? 設置拠点の「法則性」は!? 「移動式オービス」との差とは
くるまのニュース
レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、RBのポジション入れ替えは”論理的な判断”だったと評価「角田よりもリカルドの方が、マグヌッセン攻略のチャンスがあった」
レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、RBのポジション入れ替えは”論理的な判断”だったと評価「角田よりもリカルドの方が、マグヌッセン攻略のチャンスがあった」
motorsport.com 日本版
メルセデスF1代表、レッドブル代表の女性問題でF1首脳陣の介入を要求「チーム間の勢力争いに矮小化していい問題ではない」
メルセデスF1代表、レッドブル代表の女性問題でF1首脳陣の介入を要求「チーム間の勢力争いに矮小化していい問題ではない」
motorsport.com 日本版
日産、商用バン「AD」を一部改良 衝突防止機能を標準装備 最大約8万円値下げ
日産、商用バン「AD」を一部改良 衝突防止機能を標準装備 最大約8万円値下げ
日刊自動車新聞

みんなのコメント

5件
  • 何でも液晶!?
    全然美しくない!!
    アナログ的美しさがほしい!!
    こんな液晶パネルなんて全然ほしくない!!
  • こんなモッサリしたスタイリングで、ディーゼルで、価格1,200万円かあ。

    まったくユーザー像が思い浮かばないけど、70代より上の高齢者で経済的に困ってなくて、ドライブはまったり、後席は基本使わず、前からベンツで、営業に「最近はこういうSUVが人気なんですよ」で買っちゃうような感じ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1525.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

408.11588.0万円

中古車を検索
GLEクラス (クーペ)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1525.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

408.11588.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村