現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新

ここから本文です

ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新

掲載 1
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新

改良型パワートレイン搭載 出力と充電性能向上

ドイツの自動車メーカーであるポルシェは2月20日、新しいパワートレインを搭載する新型パナメーラ4 Eハイブリッドおよび新型パナメーラ4S Eハイブリッドを発表した。

【画像】第3世代パナメーラにPHEV追加、総出力544psへ【新型ポルシェ・パナメーラを写真で見る】 全19枚

昨年末に登場した第3世代パナメーラのPHEVバージョンで、従来モデルよりも充電時間が短く、電気のみの航続距離も長い。日本向けの受注開始日や価格は未定。

両車ともツインターボの2.9L V6ガソリンエンジン、電気モーター、25.9kWhのバッテリーを搭載する。バッテリーは従来よりも8kWh容量が大きく、電気航続距離はWLTPサイクルで96kmに増加した。

欧州仕様では、家庭用充電器から2時間39分(従来より1時間26分早い)で充電できるようになった。また、最大88kWの回生ブレーキによって、効率性が向上している。

パナメーラ4 Eハイブリッドでは、単体で304psを発生するV6エンジンにPDK 8速ATを組み合わせ、システム総出力は470ps、最大トルクは66.3kg-mとなる。0-100km/h加速は4.1秒、最高速度は280km/h。

パナメーラ4S Eハイブリッドは、エンジンが353psに強化され、システム総出力544ps、最大トルク76.4kg-mを発生。0-100km/h加速タイムは3.7秒に短縮され、最高速度は290km/hに達する。

路面を読み取るエアサス標準装備 走行モードは全6種類

PHEVのスタイリングとしては純内燃エンジン車と大きく変わらないが、エアロダイナミクスに最適化されたフロントバンパーと、グリーンまたはブラックのブレーキキャリパーによって差別化される。

足回りとしては、新しいポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)を含むアダプティブ2チャンバー・エアサスペンションが標準装備となる。ダンパーは毎秒最大13回の設定調整が可能で、状況に合わせてボディを常に水平に保つ。

ハイブリッド専用の4つの走行モードと、「スポーツ」および「スポーツプラス」モードが搭載される。始動時はフル電動の「Eパワー」モードでスタートし、バッテリー残量が減ると「ハイブリッドオート」モードに切り替わり、前方の道路状況を読み取り、効率の最大化を図る。

「Eホールド」モードではバッテリーの充電量を維持し、「Eチャージ」モードでは55km/h以上での走行時に最大80%まで充電される。

スポーツ・モードとスポーツプラス・モードでは、目標充電量を20~30%とし、性能と効率を両立させる。

日本仕様の詳細は後日発表される予定だ。参考までに、英国価格は9万300ポンド(約1700万円)からとなっている。

さらにパワフルなパナメーラ・ターボS Eハイブリッドもこの先ラインナップに加わる見込みだ。従来のシステム総出力680psを上回る可能性がある。

こんな記事も読まれています

Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
Nissan Z NISMO Racing Conceptの本山哲「良いメンバー」とのニッサン車でのレースに笑顔
AUTOSPORT web
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
「史上最も美しい」ランボルギーニのスーパーSUV『ウルスSE』日本発表 HV化も「ダウンサイジングではない」
レスポンス
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
トヨタが“新”「ヤリスクロス」初公開!? オシャグリーンの“ジャングル”仕様! ファッショナブルな「都市型クロスオーバー」墨に登場
くるまのニュース
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
【MotoGP現場ぶら歩き】広大な駐輪場で上がる興奮のエキゾーストノート。ヘレスで感じた2度目の熱情
バイクのニュース
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
“33年落ち”のホンダ初代「NSX」が なぜか日産の“認定中古車”として販売中! ワケあり車両でも「1年間の保証つき」だから安心して買える!?
VAGUE
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
F1 Topic:イモラを訪問したタイ首相はレース関係者とも対談。“タイ側”に接近するホーナーはF1開催を後押しか
AUTOSPORT web
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
【試乗】悪路シロートでも安心かつ余裕で走れる! 迷ったら「ヨコハマタイヤ ジオランダーA/T4」に偽りなし!!
WEB CARTOP
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
決勝前最後のプラクティス、カーブデーはディクソントップ。14番手佐藤琢磨は「クルマはまずまず妥当な仕上がり」
motorsport.com 日本版
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
〈人テク展2024横浜〉東レ、次世代モビリティコンセプトが進化 人テク名古屋ではさらなる機能拡充も
日刊自動車新聞
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
ボルボが電動油圧ショベル『EC230 Electric』を日本に導入---20tクラス
レスポンス
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
実車メーカーの方から来ました!amtが採ったグリフトすれすれの方策とは…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第27回
LE VOLANT CARSMEET WEB
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
マツダ最強版「新型ロードスター」実車公開! 国内初の「2L」仕様は“市販化”前提!? めちゃスゴイ新型「RS C」とは
くるまのニュース
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
今週、話題になったクルマのニュース3選(2024.5.25)
@DIME
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
スーパー耐久第2戦富士24時間を前にTECHNO FIRST R8 LMS GT4が無念のリタイアに
AUTOSPORT web
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
「最高の1日だった」ハミルトン、モナコGP初日終えてメルセデスの予選ペースに自信。残る課題はロングラン?
motorsport.com 日本版
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
いすゞ「新型スタイリッシュSUV」25年登場へ 精悍すぎる「3段V字ブルーグリル」がカッコイイ! 新型「超静音モデル」ノルウェー投入に期待の声
くるまのニュース
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
キャンピングカーも運転しやすい方がいい! 街乗りでもアウトドアでも快適なホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
[ハイブリッドカー不能説]めっちゃ電気持ってるのにダメなん!? ジャンプスタートできない謎
[ハイブリッドカー不能説]めっちゃ電気持ってるのにダメなん!? ジャンプスタートできない謎
ベストカーWeb

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.01890.6万円

中古車を検索
パナメーラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1424.01479.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

148.01890.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村