サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「新型車しか売れない」は嘘? ご長寿車種が持つ売れ続ける秘策とは

ここから本文です

「新型車しか売れない」は嘘? ご長寿車種が持つ売れ続ける秘策とは

■5年経った古いモデルでもなぜ人気? 注目の3車種とは

 2019年の新車販売台数において、同年末時点で発売から5年以上が経過したにも関わらず、年間10万台以上の販売台数を記録した人気車種としてトヨタ「アクア」、日産「ノート」、そしてダイハツ「ムーヴ」の3車種が存在します。

【なぜ燃費でプリウスがランク外!?】燃費トップ5にアクア、ノートも無し! 国産車の最新燃費ランキング

 3台はモデル末期が近づいているにも関わらず、新車販売ランキングでも上位を維持していますが、人気の理由とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 トヨタ最小のハイブリッド専用車であるアクアは、2011年12月26日に発売されたモデルです。

 すでに発売から8年以上が経過したモデルとなっていますが、2019年には10万3803台の販売台数を記録しました。日本自動車販売協会連合会が発表する2019年登録車販売台数ランキングにおいても、5位を記録しています。

 搭載されるパワートレインは1.5リッターガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステム「THSII」で、燃費性能はJC08モードで38.0km/Lと、いまなおクラストップレベルを誇ります。

 しかし、新型車のモデルチェンジサイクルが5年から7年といわれているなかで明らかにモデル末期のアクアは、なぜ販売台数が10万台を超えるほどの売れ行きを示しているのでしょうか。

 トヨタの販売店スタッフはアクアについて次のように話します。

「車種としての目新しさはあまり無いものの、モデルチェンジをおこなうことで、常に新しい技術を投入しています。また、SUVテイストを取り入れた『クロスオーバー』というアウトドア風のモデルも人気です」

 アクアはこれまで、2度のマイナーチェンジを受けていて、販売店スタッフが例として挙げた「クロスオーバー」は2017年6月のマイナーチェンジで追加設定されたモデルとなります。

 また、特別仕様車も頻繁に設定され、2019年10月にはクロスオーバーとは別のモデルとしてアウトドアテイストを盛り込んだ特別仕様車「グランパー」も登場しました。

 しかし、2020年2月にはアクアと近いボディサイズで、かつハイブリッド仕様を持つコンパクトカーとして新型「ヤリス」がトヨタから発売されます。アクアは併売されるものの、ヤリスの新型車効果によって販売台数の減少が予想されます。

※ ※ ※

 ノートは、現行モデルが2012年9月に発売されたコンパクトカーです。2019年の販売台数は11万8472台、2019年登録車販売台数ランキングでは総合2位、コンパクトカーのなかでは首位となっています。

 現行型ノートは、アクアと比べると販売年数が短いものの、発売から7年以上が経過し、十分にモデル末期といえます。他社でより新しいコンパクトカーもラインナップされているなか、なぜコンパクトカートップの販売台数を記録できたのでしょうか。

 日産の販売店スタッフはノートについて「燃費の良さについて、とくにお客さまから好評いただいています。なかでも、シリーズ式ハイブリッド仕様『e-POWER』についての問い合わせをお客さまからいただくことも多いです」とコメントします。

 e-POWERとは、エンジンの動力を発電に利用し、バッテリーに蓄えた電力によってモーター駆動で走るハイブリッドシステムです。このシリーズ式と呼ばれるハイブリッドシステムが量産コンパクトカーに搭載されるのはノートが世界初だといいます。

 e-POWERの追加後、現行型ノートはそれまで下落傾向だった販売台数が上向き、2018年には登録車ナンバーワンの販売台数(13万6324台)を記録しました。

※ ※ ※

 アクアがグレードの仕様追加をおこなって人気を維持したのに対して、ノートはパワートレインの追加が鍵だったといえるでしょう。

■新型車に迫る売れ行き? ダイハツ「ムーヴ」人気の訳は

 普通車のアクアやノートに対して、軽自動車のなかでモデル末期にも関わらず2019年の年間販売台数が10万台を突破した車種としては、ダイハツのムーヴ(販売台数:12万2835台)が存在します。

 ムーヴは、現行モデルが2014年12月に発売された軽トールワゴンです。2017年8月に一度マイナーチェンジがおこなわれたものの、フルモデルチェンジは5年以上おこなわれていません。

 全国軽自動車協会連合会が発表する軽自動車の販売台数データによると、2019年に年間10万台販売された車種はホンダ「N-BOX」、ダイハツ「タント」、スズキ「スペーシア」、日産「デイズ」、そしてムーヴの5車種ですが、ムーヴ以外はすべて2017年以降にフルモデルチェンジを受けています。

 ムーヴがモデル末期となっているにも関わらず人気の理由として、ダイハツの販売店スタッフは次のようにコメントします。

「ムーヴは、正直他社の軽自動車に比べて、直近では大きな改良を施していません。しかし、お客さまからはお求めやすい価格である点や、シンプルで操作もしやすい点などで、好評を頂いております」

 また、ダイハツの別の販売店スタッフは次のように話します。

「ムーヴシリーズには、標準モデルのほかに『ムーヴキャンバス』という、ボディの基本形状が異なるモデルが存在します。

 ムーヴキャンバスは両側スライドドアを装備する点が標準モデルと異なるほか、個性的で可愛らしい外装デザインやカラーが特徴です。内装デザインも、外観に合う可愛いデザインとなっています」

 人気の標準モデルだけでなく、派生モデルの人気が加勢されていることも、販売台数の底上げに貢献しているといえます。

※ ※ ※

 一般的にクルマは新型車として宣伝されるときがもっとも売れ行きが良く、その後販売台数は下落する傾向にありますが、細やかな改良や新モデルの設定が市場のニーズと合致すれば、モデル末期となっても安定した売れ行きを示すことができるといえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します