サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東レ:世界初の正面透過・斜め反射フィルム「PICASUS VT」を創出

ここから本文です

東レ:世界初の正面透過・斜め反射フィルム「PICASUS VT」を創出

東レ:世界初の正面透過・斜め反射フィルム「PICASUS VT」を創出

東レは、正面からの光はガラスのように透過し、斜めからの光は鏡のように反射する世界初の光学機能を備えたフィルム「PICASUS VT」を創出した。この従来の材料ではなし得なかった機能により、AR(拡張現実)やMR(複合現実)用途におけるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)やHUD(ヘッドアップディスプレイ)、覗き見防止フィルム、ディスプレイ用フィルムなどへの展開が期待できる。

 一般的な光学材料としては、透明ガラスや透明プラスチックのように正面~斜めいずれの方向から入射した光もほぼ透過する素材や、金属膜のように正面~斜めいずれの方向からも入射した光を反射する素材がある。一方、正面からの光は高い透過率で透過し、斜めからの光は高反射するといった光の指向性をコントロールできる光学素材は、これまで存在しなかった。今回、東レが創出したPICASUS VTは、同社独自のナノ積層技術を駆使するとともに、新規の光学設計に基づいた樹脂屈折率の高精度制御により、正面からの光を透過し、斜めからの光を反射するという全く新しい機能を発現させることに成功した。

帝人:デザイン・設計・試作・評価のイノベーション創生拠点「Teijin Automotive Center Europe」を新設

 従来のナノ積層フィルム「PICASUS」は、ナノメートルスケールの厚みの層を数百~千層重ねることにより特定の波長の光を反射させる機能を備えているが、今回のPICASUS VTでは、さらに光の反射・透過の指向性までを制御したものとなる。
 このPICASUS VTをAR・MR用のHMDやHUDに用いた場合、透明ガラスや透明プラスチックと同様に風景の視認性は維持しつつ、従来の透明ガラスやプラスチックに比べて、投影情報をはっきりと表示することができる。また、PCやスマートフォン向けの覗き見防止フィルムや次世代ディスプレイ用光学部材に用いた場合には、透過性の向上や、集光やのぞき見防止に対するマルチアングル性の発現など、ディスプレイの機能向上に貢献することができる。
 東レは今後、3年後の実用化を目指して研究開発を進めていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します