現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、果敢に1ストップ戦略を採り上位を狙い8位。ドライバー・オブ・ザ・デイに選出! 優勝フェルスタッペンは今季19勝目|F1アブダビGP決勝速報

ここから本文です
角田裕毅、果敢に1ストップ戦略を採り上位を狙い8位。ドライバー・オブ・ザ・デイに選出! 優勝フェルスタッペンは今季19勝目|F1アブダビGP決勝速報
写真を全て見る(1枚)

 2023年のF1最終戦アブダビGPの決勝レースが行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝。アルファタウリの角田裕毅は、6番グリッドからスタートし、8位でフィニッシュした。

 フェルスタッペンは終始盤石な展開で58周のレースを走り切り、今シーズン19勝目。2023年シーズンのF1を制圧した。2位にはフェラーリのシャルル・ルクレール、3位にはメルセデスのジョージ・ラッセルが入った。

【インタビュー】ベッテル、フェルスタッペン、角田裕毅らを育てたアルファタウリのトスト代表が振り返る“仕事一筋”の18年間

 角田は周囲が2ストップ作戦を採る中、果敢に1ストップ作戦でレースを走り切った。レース中には、リードラップを記録するシーンもあった。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
レスポンス
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
くるまのニュース
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
motorsport.com 日本版
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
くるまのニュース
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
motorsport.com 日本版
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
くるくら
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
レスポンス
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
motorsport.com 日本版
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
AUTOSPORT web
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
グーネット
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
OPENERS
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
グーネット
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
6年ぶり全面刷新! スバル「新型SUV」登場へ 豪華内装×タフ顔採用の「新型フォレスター」カナダで実車初公開
くるまのニュース
Hi-Storyから1/43スケール「日産 スカイライン 2000ターボ GT-E・X(1984)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
Hi-Storyから1/43スケール「日産 スカイライン 2000ターボ GT-E・X(1984)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
driver@web
20代女性ドライバーがベテランドライバーとダブルエントリーで全日本ジムカーナに参戦! 1年間の成長記録にも注目です
20代女性ドライバーがベテランドライバーとダブルエントリーで全日本ジムカーナに参戦! 1年間の成長記録にも注目です
Auto Messe Web
イタリアを代表するスーパーカーブランドに異変!? いまや販売台数の半数以上が「ウルス」に! ランボルギーニはSUVメーカーになるのか?
イタリアを代表するスーパーカーブランドに異変!? いまや販売台数の半数以上が「ウルス」に! ランボルギーニはSUVメーカーになるのか?
VAGUE
トヨタ2000GT(昭和42/1967年5月発売・MF10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト037】
トヨタ2000GT(昭和42/1967年5月発売・MF10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト037】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

5件
  • tak********
    角田君の結果は惜しかったけど、ハミルトンに抜かれても抜き返す冷静さは、今年の進歩と言えるでしょう。完走することでリザルトが残り、それが角田君の評価を更に高めるでしょう。来年を楽しみにしています。
  • tui********
    角田、お見事だったね。
    1ストップで最後は厳しかったけど、確実に抜かれる状況だったハミルトンを上手いこと苦しいライン取らせた事が奏功したねえ。
    9位で終わるところを、8位で終われたのはホント冷静にレースを展開できた証拠だね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村