サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「スプリンターシエロ」「バイオレット・リベルタ」「アプローズ」! 懐かし過ぎる「国産5ドアハッチバック」9選

ここから本文です

古きよき時代のハッチバックを振り返る

 5ドアというと、昔と今とでは少々イメージが違う。今は、たとえばアウディあたりに端を発した、なめらかなシルエットを持ったファストバックの4ドアクーペが分類でいえば5ドアだ。

短命に終わった「いすゞ」の名車! 貴重なカタログで振り返る3代目「ジェミニ」

 昔の5ドアもじつは成り立ちは同じだ。つまり実用的な4ドアセダンをベースにし、リヤゲートの傾斜を強めて、セダンよりもスタイリッシュ方向に仕立てるのがコンセプトだったからだ。だがスタイリッシュといっても、あくまで実直さが身上で、実用性(または使い勝手のよさ)をしっかりと確保した、いわばセダンとステーションワゴンの中間に位置づけられるクルマだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン