サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電源不要で、手を使わずに消毒できる。IPFが、足踏み式アルコールディスペンサーを発売

ここから本文です

IPFは、新型コロナウイルス感染拡大の防止策の一環として、アルコールディスペンサーの製造・販売を開始した。価格は2万8600円。

今回発売したアルコールディスペンサーは、同社の金属加工技術および生産設備を活用して製造される。
製品は足でペダルを踏むことで除菌用アルコールなどのボトルのポンプを押し込めるため、ボトルやポンプ部に触れずに消毒・手洗いができる。電源が必要なく設置場所の自由度も高い。学校や店舗、イベント施設、企業の受け付けなどさまざまな場所で使える。

マツダ、デミオとベリーサに後付けできる「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を販売開始

ボトルホルダーはボトルのサイズに合わせて調整可能。

おすすめのニュース

サイトトップへ