サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【消えゆく技術? 意外に根強い??】電動化でもMT車が生き残る事情と2つの「道」

ここから本文です

 今や日本の新車は99%が「オートマ」! スポーツカーからも消えゆく「マニュアル車」は、電動化が進んでも当分生き残る!?

 近年の日本では、新車販売の99%がAT(オートマチックトランスミッション)車であり、日産 GT-Rやトヨタ スープラ、ホンダ NSXといったスポーツモデルでさえ、MT(マニュアルトランスミッション)車の設定はなく、ATのみとなっている。

【より速く&上質に】 熟成と進化の極みへ!! シビック&シビックタイプR 初マイナーチェンジ

 また、ここ10年でハイブリット車やEVなど、クルマの電動化が加速し、さらには自動ブレーキシステム等との相性が良いことも、AT増加を加速させる要因となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ