サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メイドインジャパンの新型車減る? なぜ東南アジア製の日本車が急増するのか

ここから本文です

メイドインジャパンの新型車減る? なぜ東南アジア製の日本車が急増するのか

■東南アジア製の日本車の輸入は、なぜ増えている?

 日産期待のコンパクトSUV「キックス」は、タイで生産され、日本に輸入されます。すでに、タイでは同国初となる「e-POWER」搭載車として大々的にお披露目されました。

個性的デザインの日産「ラニア」が超クール! セダンの枠を超えたカッコよさ

 また、ダイハツが2020年9月4日に発売する、小型商用車「グランマックス」は、インドネシア製。

 ダイハツとしては初めて海外から輸入することになりますが、じつは2008年に発売されたトヨタ現行「タウンエース」は、ダイハツがインドネシアで生産しているものです。

 タウンエースもグランマックスの登場と同時にマイナーチェンジします。つまり、2モデルは兄弟車なのです。

 東南アジア製で日本に正規輸入されているモデルと言えば、タイが主体で、現行では日産「マーチ」(2010年から)や三菱「ミラージュ」(2012年から)など。

 そのほか、日本での販売が終わっているモデルでは、ホンダ「フィットアリア」(2002年から)やピックアップトラックの三菱「トライトン」(2006年から)などがあります。
 
 なぜ、このタイミングでキックスやグランマックスなど、東南アジアからの輸入が決まったのでしょうか。そして、気になる品質はどうなのでしょうか。

 少し前を振り返ってみると、東南アジアでの自動車産業に世界が大きく注目し始めたのが、2000年代の中頃からでした。

 当時、テレビや新聞の経済ニュースで、BRICs (ブリックス)という名称がよく登場するようになりました。経済が急激に成長し始めたブラジル、ロシア、インド、中国、さらに南アフリカを加えた5か国を指す、アメリカの証券会社が作った造語です。

 自動車産業界でもBRICsシフトが加速し、筆者(桃田健史)も経済系や自動車技術系の雑誌対応の取材でBRICs各地を飛び回りました。

 このBRICsと深い関係があるのが、東南アジアであり、また東南アジア各国でも経済成長が進んだため、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、そしてシンガポールでの取材が徐々に増えていきました。

 そもそも東南アジアには、戦後1950年代から日本からの輸出が着実に増えていきました。

 1980年代に入ると、初期マハティール政権下のマレーシアが国民車構想を打ち出し、三菱と技術提携(現在は関係解消)した、プロトンが誕生。1990年代にはダイハツもマレーシアに進出し、プロデュアを設立しています。

■日本車メーカーがタイの自動車産業を重視する理由とは?

 こうしたなかで、2000年代のBRICs関連で大きく伸びたのがタイでした。

 タイではこれまで、日本の自動車メーカーや部品メーカーの営業事務所や製造工場、また日系メーカーとの関係が深い日系大手商社など各地を巡ってきました。

 日本人関係者の多くが、「タイは暮らしやすい」「タイ人と日本人は肌が合う」「日本で退職したらタイで暮らしたい」と、タイに対する友好的な表現を使います。

 また、製造事業の観点では、電力や水などインフラが東南アジアのなかでは安定して供給されているほうですし、さらに輸出入の基盤となる商業港の整備が地方行政の肝いりでしっかり進んだことも、自動車産業にとって大きなプラス要因です。

 こうした社会基盤がある上で、日本の自動車メーカーは、タイを東南アジア自動車産業の中心として捉え、工場設備を拡充。そのため、日本からの自動車部品産業もタイへの進出が進みました。

 タイの日本メーカー製造工場を取材すると、「マザー工場」という言葉をよく聞きます。生産の技術の母体、という意味です。

 1990年代までの海外工場は日本がマザー工場で、海外の関係者が日本に学ぶという形式で欧米の工場は順次独り立ちしていきました。

 こうした流れが2000年代にBRICsでも始まり、同時にBRICs向けの製造もおこなうタイのマザー工場化が進んだのです。

 キックスなど、タイからの輸出車の品質は、日本のマザー工場のお墨付きです。

 タイからは、東南アジア各国向けの完成車輸出のほか、ドアなどの部品を輸出し、各国工場で最終組立をおこなう、ノックダウン方式にも対応しています。
 
 また、ダイハツはインドネシアの地域事情に最適化した、小型ミニバン(MPV)でダイハツ、トヨタの両ブランドで人気車を現地生産しています。そうした実績の積み上げで、インドネシア製のダイハツ車の品質も向上していきました。

 なぜ2020年になって、東南アジアから正規輸入モデルが増加傾向になってきたのでしょうか。

 背景にあるのは、自動車メーカー各社による、世界市場での生産と販売を最適化する「選択と集中」の強化です。

 たとえば日産の場合、ゴーン体制からの脱却のため、事業全体に大ナタを振る必要があり、ルノー日産三菱アライアンスをフル活用した「選択と集中」に着手。その一環がキックスです。

 また、ダイハツを含むトヨタグループ全体としては、アフターコロナを見据えた、商用車事業での再編を念頭に、今回のグランマックス日本導入を決断したのではないでしょうか。

 今後、条件があえば、東南アジアで生産されている、日本ではこれまで導入してこなかった各メーカーの世界戦略車が正規輸入されるかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します