現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマのシートに「カバー」付けるべき? 汚れ防止やイメチェン可能! 「シートカバー」の意外なデメリットとは?

ここから本文です
クルマのシートに「カバー」付けるべき? 汚れ防止やイメチェン可能! 「シートカバー」の意外なデメリットとは?
写真を全て見る(2枚)

■汚れ・濡れ・擦れからシートを守る「シートカバー」

 カー用品店に行くと、たくさんの「シートカバー」が陳列・販売されています。言い換えればそれだけ需要があり、実際に売れているからこその品揃えなのがわかります。
 
 しかも、最近はカラーや材質の違いでかなり自由度が高まっているようです。
 
 クルマのシートにシートカバーを装着するメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが「シートカバー」!? トヨタの斬新すぎる「カバー」画像を見る(17枚)

 シートカバーを装着する理由の多くが、「実際のシート生地を汚れや擦れなどから守る」というもの。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

長時間の運転も楽々!! マクラーレン GTSはゴルフバックまで積める万能さも635馬力のスーパーカーだ
長時間の運転も楽々!! マクラーレン GTSはゴルフバックまで積める万能さも635馬力のスーパーカーだ
ベストカーWeb
やっぱり楽しい内燃機関モデル、2つの英国ブランドに乗る
やっぱり楽しい内燃機関モデル、2つの英国ブランドに乗る
バイクのニュース
メルセデスAMG G63、ブラックペイントにゴールドアクセントの限定車を発売…価格は3200万円
メルセデスAMG G63、ブラックペイントにゴールドアクセントの限定車を発売…価格は3200万円
レスポンス
WECやDTMに参戦、ル・マンで優勝しGTEアマクラス王者にも輝いたプロジェクト1が破産を申請
WECやDTMに参戦、ル・マンで優勝しGTEアマクラス王者にも輝いたプロジェクト1が破産を申請
AUTOSPORT web
ヒョンデ『ソナタ』新型、セダンの新基準を標榜…予約販売を中国で開始
ヒョンデ『ソナタ』新型、セダンの新基準を標榜…予約販売を中国で開始
レスポンス
東北道~新大宮バイパス直結!? 「越谷浦和バイパス」延伸開通で浦和エリア「東西道路」便利に! JR埼京線をアンダーパスで混雑緩和
東北道~新大宮バイパス直結!? 「越谷浦和バイパス」延伸開通で浦和エリア「東西道路」便利に! JR埼京線をアンダーパスで混雑緩和
くるまのニュース
ピアストリ、マクラーレンF1はトップに近いと手応えを感じるも「レッドブルは誰よりも一歩先を行っている」
ピアストリ、マクラーレンF1はトップに近いと手応えを感じるも「レッドブルは誰よりも一歩先を行っている」
AUTOSPORT web
レクサス「NX」を一部改良。アウトドア仕様の“OVERTRAIL”パッケージの追加で、ラインナップも強化
レクサス「NX」を一部改良。アウトドア仕様の“OVERTRAIL”パッケージの追加で、ラインナップも強化
月刊自家用車WEB
【トライアンフ】北陸地域初の正規販売店「トライアンフ金沢」が3/29グランドオープン!
【トライアンフ】北陸地域初の正規販売店「トライアンフ金沢」が3/29グランドオープン!
バイクブロス
【カワサキ】「カワサキ プラザ仙台六丁の目」がリニューアルオープン!
【カワサキ】「カワサキ プラザ仙台六丁の目」がリニューアルオープン!
バイクブロス
日野と三菱ふそう、経営統合を延期 競争法などの許認可や日野の不正問題で
日野と三菱ふそう、経営統合を延期 競争法などの許認可や日野の不正問題で
日刊自動車新聞
【2024年WECをイチから学ぶ】ハイパーカー9車種がしのぎを削る黄金時代が到来。一新されたGTカテゴリーも激戦必至
【2024年WECをイチから学ぶ】ハイパーカー9車種がしのぎを削る黄金時代が到来。一新されたGTカテゴリーも激戦必至
AUTOSPORT web
ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 日本で1年半ぶり復活 「初」の外部充電可能なFCEVとして登場
ホンダ新型「CR-V」世界初公開! 日本で1年半ぶり復活 「初」の外部充電可能なFCEVとして登場
乗りものニュース
スバル/STI、2024年モデルのSUBARU BRZ R&D SPORTをお披露目。性能向上で王座奪回目指す
スバル/STI、2024年モデルのSUBARU BRZ R&D SPORTをお披露目。性能向上で王座奪回目指す
AUTOSPORT web
トヨタ、公式テストで3000km以上を走破。9社が集うハイパーカー戦国時代の開幕に向け準備を進める
トヨタ、公式テストで3000km以上を走破。9社が集うハイパーカー戦国時代の開幕に向け準備を進める
AUTOSPORT web
1000万円超え! ホンダ「爆速スポーツセダン」登場! 迫力エアロ装備の「タイプS」も用意! 全長5m級の“イケ顔”新型「アキュラTLX」メキシコで発売
1000万円超え! ホンダ「爆速スポーツセダン」登場! 迫力エアロ装備の「タイプS」も用意! 全長5m級の“イケ顔”新型「アキュラTLX」メキシコで発売
くるまのニュース
長島哲太、ヤマハと「同じタイムが出せる余力はある」ダンロップタイヤ開発の主旨は/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
長島哲太、ヤマハと「同じタイムが出せる余力はある」ダンロップタイヤ開発の主旨は/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
さすがフェラーリ、ただの風洞実験モデルが1億円オーバー! 門外不出のハーフサイズ「FXX K ウインドウトンネルモデル」はコレクター垂涎の激レアアイテムでした
さすがフェラーリ、ただの風洞実験モデルが1億円オーバー! 門外不出のハーフサイズ「FXX K ウインドウトンネルモデル」はコレクター垂涎の激レアアイテムでした
Auto Messe Web

みんなのコメント

14件
  • マキトシ
    まあ、これは使う人の状況や好みでやったらいいと思う。
    私は、趣味の車でも仕事用でも一回も付けたことはないけど。
  • bau********
    2枚目の画像は、JPNタクシーの後席ですね。
    一般の方はご存知ないかと思いますが、タクシーのシートカバーは朝出庫するときに何枚か車に積んでおき、実車(賃走)の合間に変えています。営業所に一旦戻って変える事もあります。
    このシートカバーと、タクシーメーターのロール紙を切らさないよう積んでいくのが、自分が昔勤めていたタクシー会社の出庫時の「決まり事」でした。
    今となっては懐かしい思い出です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村