現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【007のQに選ばれたE】BMW Z3と750iL、Z8 1990年代のボンドカーを比較 後編

ここから本文です

【007のQに選ばれたE】BMW Z3と750iL、Z8 1990年代のボンドカーを比較 後編

掲載 更新
【007のQに選ばれたE】BMW Z3と750iL、Z8 1990年代のボンドカーを比較 後編

本当にシルクと呼びたいV型12気筒

執筆:Ben Barry(ベン・バリー)

【画像】ボンドカーになったBMW Z3とZ8、750iL 現行のZ4と7シリーズも 全74枚

撮影:John Bradshaw(ジョン・ブラッドショー)

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


トゥモロー・ネバー・ダイでボンドカーを演じたE38型BMW 750iL。フロントシート背面に旅客機のような折り畳みテーブルと、バニティ・ミラーを内蔵する。時代を超越した高級感だが、フロントシートの間の小さなテレビは、20年以上の時間経過を感じさせる。

車載電話も、今となっては懐かしいアイテム。前後に1機づつある。オーナーのレエシは今も対応SIMを探し出し、1990年代の重役気分を楽しんでいるという。

多くのハイテクは、7シリーズを同時期のW140型メルセデス・ベンツSクラスより立場的に有利にさせたが、ドライバーの満足度も注目に値する。リアシートの貴兄だけが、うれしいクルマではない。

キーをひねると、V12エンジンはそよ風のような優しい声とともに目覚める。極めて滑らかで、ささやくように静かに回転する。あまりの存在感のなさに、車内ではアイドリングしているのかもわからない。

E36型M3の直6と比べるとシリンダー数は2倍あるが、シングル・オーバーヘッドカムの2バルブ。最高出力は殆ど同じだ。

本当にシルクと呼びたいエンジンは、回転域を問わずシームレス。バターのように流暢なATと協働し、流れるように走る。高回転域でのクライマックスは求められていない。

シャシーも同じくらいジェントル。強い上下の入力が加わっても、ボディが緩やかに円を描くようにいなし、落ち着きを乱さない。ダブル・ガラスと厳重な防音処理で外界の音は遮断され、車内はほぼ沈黙状態だ。

507をオマージュしたデザインのZ8

電子制御ダンパーのS EDCのボタンを押せば、ボディは明確に引き締まり、全長5.1m以上ある7シリーズを積極的に操れるようになる。スポーツカーの側面が現れるわけではないが、予想以上にタイトな操縦性と、機敏な身のこなしを味わえる。

とはいえ、立体駐車場をそこまで小気味良くは走れなさそうだ。実際にスタントした7シリーズは、エンブレムを張り直した、軽いV8エンジンを搭載する740iLだったらしい。

さらに2年後、1999年のワールド・イズ・ノット・イナフに登場したのが、E52型のBMW Z8。BMW M1以来となるパフォーマンス・モデルといえ、アストン マーティンと並ぶ活躍を披露した。

エレガントでグラマラスなボディラインを描き出したのは、デンマーク出身のデザイナー、ヘンリック・フィスカー。後にアストン マーティンでV8ヴァンテージとDB9を手掛けることになるのも、何かの運命なのだろう。

BMW Z8は、レトロ・デザインへ注目が集まっていた時代のピークといえる1台。BMWは、当初Z8をZ07コンセプトとして発表した。この名前は1950年代のスポーツカー、507をオマージュしたものだ。

その影響は顕著に表れている。水平方向に長いキドニーグリルとフロントフェンダーのエアベント、クラシカルに短いフロント・オーバーハングと長いボンネットなどは、その好例。シャープに絞られたテール部分も特徴的だと思う。

俳優のジョン・クリーズが、Qのアシスタントとして映画へ登場。ボンドのZ8には、チタン合金のボディにヘッドアップ・ディスプレイを備えると説明している。

エンジンはE39型M5と同じV8

BMW Z8は既存のプラットフォームを流用していない。アルミニウム・ボディの内側には、専用のスペースフレームが組まれている。殆どが手作業で組み立てられたという。

ただし、エンジンルーム後方に搭載されるエンジンは既存品。E39型M5用の、S92と呼ばれる自然吸気のV型8気筒だ。排気量4941ccから、400psと50.9kg-mを発揮する。

シルバーのドアを開くと、ブラックに組み合わされた鮮やかなレッドに目がくらむ。シルバーで仕上げられたスイッチ類が、アクセントを生む。

Z8の着座位置は低い。ステアリングホイールは径が大きいがリムは細身。MTのシフトノブは、手を伸ばしたそこにある。

ダッシュボードの上面は大きくカーブを描き、ドアまで続いている。メーターパネルはダッシュボードの中央。ステアリングホイールの奥には、イグニッションとヘッドライトのスイッチくらいしかない。

BMWの、伝統的なドライバー・フォーカスとは異なるコクピットといえる。独創的とも呼べる。モダンなインフォテインメント・システムは、パネルの後ろに隠せる。

5.0LのV8エンジンは豊満なパワーを滑らかに生み出し、苦もなくスピードを高める。V8らしいビートがドライバーを包む。すべての操作系には、意図的な重み付けが与えられている。

ステアリングホイールはリニアで手応えも好感触。クラッチやブレーキペダルの重み付けも丁度いい。6速MTのシフトレバーもスムーズに動く。

リラックスしたグランドツアラー

シャシーはソフト寄りの設定ながら、Z3よりダンピングは強め。不規則な入力が連続して加わっても、姿勢制御が落ち着かなくなることはない。

穏やかなアンダーステア傾向があり、操縦性には軽快に感じさせるバランスがある。アクセルペダルでのライン調整も難しくない。

理由は不明だが、Z8にはLSDが備わらない。400psのFRスポーツカーなのに。新車当時、自動車メディアはアイデンティティがまとまっていない、と批判することもあった。

ハイパワーなスポーツカーというより、リラックスしたグランドツアラーだったのだろう。LSDだけでなく、Mのエンブレムが貼られることもなかった。能力の80%くらいまでを楽しむ、ロードスターだといえる。

アルプスの峠を攻め込んだり、サーキットの走行会でタイムを削るタイプではない。それを理解していれば、Z8へ強く好意を抱いてしまう。市場での注目も高いままだ。

BMWは1999年から2003年までの間に、Z8を5703台生産した。さらに、50年間分のスペアパーツも。

新車当時の英国価格は、8万6650ポンド。同時期のポルシェ911より3万ポンドほど高かった。現在での取引価格は、最低でも15万ポンド(2280万円)以上。20万ポンド(3040万円)くらい用意しないと、良い例は手に入らない。

BMWにとって永遠に刻まれるべき歴史

劇中では、ヘリコプターから吊り下げられた丸鋸でZ8は半分に切られてしまう。だが、実際の撮影ではダックス・コブラのシャシーに、BMWが提供したボディを載せていた。Z8の本物は、撮影スケジュールに間に合わなかったのだった。

それを知っていれば、2つに切られるシーンもさほど痛々しくは感じられない、かもしれない。だが、切られてしまったのはZ8だけではない。英国諜報部によるBMWのボンドカーとしての登用も、そこで終わりとなった。

2002年、ダイ・アナザー・デイでピアース・ブロスナンがドライブしたのは、アストン マーティン・ヴァンキッシュ。古くからのファンは、安堵したことだろう。

ジェームズ・ボンドがBMWに乗るシーンは、20世紀で見納めとなった。だが1990年代の007出演は、BMWにとって永遠に刻まれるべき歴史になったことは間違いない。

ボンドカーになったBMW 3台のスペック

BMW Z3(1995~2002年/英国仕様)のスペック

英国価格:1万9500ポンド(新車時)/3000ポンド(45万円)以上(現在)
生産台数:27万9273台(ロードスター総計)
全長:4025mm
全幅:1692mm
全高:1288mm
最高速度:196km/h
0-97km/h加速:10.5秒
燃費:11.5km/L
CO2排出量:−
車両重量:1315kg
パワートレイン:直列4気筒1895cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:140ps/6000rpm
最大トルク:18.3kg-m/4300rpm
ギアボックス:5速マニュアル/4速オートマティック

BMW 750iL(1995~2001年/英国仕様)のスペック

英国価格:7万5425ポンド(新車時)/1万2500ポンド(190万円)以上(現在)
生産台数:34万242台(E38型総計)
全長:5124mm
全幅:1862mm
全高:1425mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-97km/h加速:6.5秒
燃費:7.0km/L
CO2排出量:−
車両重量:2048kg
パワートレイン:V型12気筒5379cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:326ps/5000rpm
最大トルク:49.8kg-m/3900rpm
ギアボックス:5速オートマティック

BMW Z8(1999~2003年/欧州仕様)のスペック

英国価格:8万6650ポンド(新車時)/15万ポンド(2280万円)以上(現在)
生産台数:5703台
全長:4400mm
全幅:1830mm
全高:1317mm
最高速度:249km/h(リミッター)
0-97km/h加速:4.7秒
燃費:4.7km/L
CO2排出量:−
車両重量:1585kg
パワートレイン:V型8気筒4941cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:400ps/6600rpm
最大トルク:50.9kg-m/3800rpm
ギアボックス:6速マニュアル

こんな記事も読まれています

猛威振るう36号車au TOMS、盤石な開幕戦優勝から第2戦富士に向けても自信|スーパーGT岡山:GT500優勝記者会見
猛威振るう36号車au TOMS、盤石な開幕戦優勝から第2戦富士に向けても自信|スーパーGT岡山:GT500優勝記者会見
motorsport.com 日本版
【スクープ】マツダ ロードスターから触発!? ランチア伝説の「スパイダー」が70年ぶり復活の噂が!
【スクープ】マツダ ロードスターから触発!? ランチア伝説の「スパイダー」が70年ぶり復活の噂が!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ミニカーなのにフィギュア!?ポージング可能なチョロQ「Q’s」シリーズ、8‐9月発売の新製品!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
ミニカーなのにフィギュア!?ポージング可能なチョロQ「Q’s」シリーズ、8‐9月発売の新製品!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アロンソの契約がもたらすF1ドライバーマーケットへの影響。注目されるサインツ、メルセデス、レッドブルの選択
アロンソの契約がもたらすF1ドライバーマーケットへの影響。注目されるサインツ、メルセデス、レッドブルの選択
AUTOSPORT web
中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
AUTOSPORT web
中須賀克行、水野涼ともにコースレコードを更新/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000予選
中須賀克行、水野涼ともにコースレコードを更新/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000予選
AUTOSPORT web
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
くるまのニュース
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ベストカーWeb
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
motorsport.com 日本版
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
THE EV TIMES
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
レスポンス
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索
Z3 ロードスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村