サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 突然の豪雨で道路が冠水!? 対策は万全? 道路管理者に聞いてみた!

ここから本文です

■大雨の冠水被害!道路管理者側はどのように対策してるの?

 例年、6月から7月にかけて、雨の多くなる季節は道路の冠水被害が多発します。近年では、全国各地で道路冠水被害が多発していますが、その原因は地球温暖化が大きく関係しているという説もあります。

タイヤバーストに注意? 2014年製タイヤの破裂が増加している理由とは

 気温が上昇すると空気が膨らみ、空気中に含むことができる水蒸気の量も増えることで、一気に大量の雨を降らす減少が起こるのです。

 一般的に、下水道管や道路側溝の水路は、1時間あたり50ミリメートルまでの水量に耐えるよう設計されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ