サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 打倒アルファードはいずこへ!? 起死回生を狙ったビッグマイチェンも不調でオデッセイは大丈夫か!?

ここから本文です
 2020年12月に打倒アルファードとしてビッグマイナーチェンジを敢行したホンダ『オデッセイ』だが、2021年2月の販売台数は『シャトル』より少し多いくらいの1583台と、ライバルとしているトヨタ『アルファード』の1万110台には遠く及ばない状況となっている。

 マイチェンから2カ月ということで、まだマイチェンの初期の恩恵があるはずなのに、こんな低迷していて大丈夫なのか? 販売の現場はこの状況をどのようにとらえているのか? ディーラーに取材し、オデッセイの消費者からの評価、そしてディーラーの持っている危機感についてレポートしていきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ