サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【RG-Γ伝】Vol.6「レプリカブームを牽引した250ガンマの最終型」RG250Γ SP(VJ23A)-1996~1999- ~当時の貴重な資料で振り返る栄光のガンマ達~

ここから本文です
この分野に対するスズキの強いこだわりを感じさせた250ccГの最終型
話題と販売の双方で我が国のオートバイ市場を牽引してきた250ccレーサーレプリカだったが、嗜好の変化や規制の強化などから1990年代中盤になると勢いが衰え、ホンダとヤマハは細かな仕様の見直しやカラー変更のみで年式を重ねていった。

そんな状況にあってスズキは、まさかの全面刷新を敢行。1996年のことである。日本において、250ccを超える2サイクルモデルは1999年で販売をほぼ終えたから、これは大英断だったといえる。

おすすめのニュース

サイトトップへ