サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMWジャパン、4シリーズ「カブリオレ」発売 ソフトトップ採用 エンジンは2.0Lと3.0L設定

ここから本文です

BMWジャパン、4シリーズ「カブリオレ」発売 ソフトトップ採用 エンジンは2.0Lと3.0L設定

BMWジャパン、4シリーズ「カブリオレ」発売 ソフトトップ採用 エンジンは2.0Lと3.0L設定

 ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン、クリスチャン・ヴィードマン社長、東京都千代田区)は25日、「4シリーズカブリオレ」を発売した。「4シリーズクーペ」をベースに、約18秒で開くキャンバス製ソフトトップを採用。最高出力135kW、最大トルク300Nmを発揮する直列4気筒ガソリンエンジンを搭載した。納車は3月以降を予定。価格は641万円で、「Mスポーツ」が696万円。

 高性能モデル「M440i xドライブカブリオレ」も設定した。最高出力285kW、最大トルク500Nmを発揮する直列6気筒ガソリンエンジンを搭載したほか、「Mアダプティブ・サスペンション」や「Mディファレンシャル」を採用したことで悪路での安定性やスポーティーな走行性能を高めた。価格は1089万円(すべて消費税込み)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します