サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヒットの法則287】ボルボS80は自我を主張しすぎない「ボルボらしい価値観」を貫いていた

ここから本文です
2007年1月、8年ぶりにフルモデルチェンジされたボルボのフラッグシップサルーン「S80」が日本上陸を果たしている。独プレミアム勢が幅をきかせる激戦区にあって、このボルボS80はどんな個性を発揮していたのか。長崎で開催された試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2007年3月号より)

リラックスした気分と走ることの楽しさが共存
そのボディは、全長4850mm/全幅1860mmという諸元値から想像されるよりも、ひとまわりコンパクトに思えた。前後がギュッと絞り込まれていること、そしてオーバーハングの短いことが効いている。

おすすめのニュース

サイトトップへ