サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】日産 GT-Rが2011年モデルで手に入れた「テールを破綻させない」基本性能【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、2007年にデビューした日産 GT-R(R35型)の2011年モデルだ。

日産 GT-R(2010年:イヤーモデル)
R32/33/34の、いわゆる「第2世代のスカイラインGT-R」は、日産独特の四輪駆動制御システム「アテーサE-TS」が、タイヤのグリップ状況を把握し、前後駆動配分を変動させる。そのため、本来の性能を引き出すのはなかなか難しかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ