サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「PCX160」インプレ(2021年)高速道路にも乗れるPCXの兄貴分はどう進化を遂げたのか? 乗り心地をレビュー

ここから本文です

125ccクラスでは不動の地位を誇るPCXの兄弟モデルがこの「PCX160」。4バルブヘッド採用の「eSP+」エンジンに新形状フレームと、走りの根幹を左右するパートを一新。HSTCなどのハイテクも惜しみなく投入して、オールラウンドに活躍するコミューターに仕上がっている。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ホンダ「PCX160」インプレ・解説(太田安治)
コミューターユース中心で高速も使うライダーに最適

ホンダ「GB350」のインプレを公開! 新たな空冷単気筒の乗り心地とは?

初代PCXが国内販売されたのは2010年3月。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン