サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リタイアのソルド「レッキで見つけられなかった」石にヒット/WRC第5戦イタリア デイ2後コメント

ここから本文です
 6月5日、WRC世界ラリー選手権第5戦イタリアは競技2日目に突入。デイ2はSS9~16の計8本のステージで争われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合トップに浮上した。そんな『ラリー・イタリア・サルディニア』のデイ2を終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT
●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/デイリタイア
「朝のスタートは良かった。マシンのセットアップには引き続き進歩があったし、午前中はかなりの安定感を感じていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン