サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソニーは「第2のテスラ」になれるのか!? ソニー製のEVが東京で公道走行開始へ

ここから本文です

■ソニーがモビリティを学ぶために作ったコンセプトカー

「VISION-S Prototype」とは、ソニーが2020年1月のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で発表したコンセプトカーだ。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 全長4895mm×全幅1900mm×全高1450mmという大きさのボディに、200kW(271ps)のモーターをふたつ搭載した4WDのEVで、乗車定員は4名。サイズ的にはEセグメントのセダンで、メルセデス・ベンツの「Eクラス」やBMW「5シリーズ」と同じくらいとなる。

 どういう理由でソニーが、このようなクルマを発表したのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ