サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーカーが作ったのがウソのような違和感! 日産AD MAXの「異形」スタイルは二度見必至だった

ここから本文です

メーカーが作ったのがウソのような違和感! 日産AD MAXの「異形」スタイルは二度見必至だった

 この記事をまとめると

■キャンプブームの影響でバンが流行っている

マックのCMで「キムタク」が乗ってる旧車がカッコいいと話題! いったい何の車種?

■ルノーのカングーに採用されている観音開きドアは人気が高い

■日産にもかつて観音開きドアを持ったバンがあった

 今、観音開きのバンが流行っている!

 ルノー・カングーの人気は高まる一方だ。現行型の実質的なファイナルエディションといえる「リミテッドディーゼルMT」は400台限定が即完売、中古車市場では新車時を超えるプレミア価格で取引されている。

 そんなカングー人気の秘密は、バックドアの使い勝手にあるというファンの声も多い。左右に分かれて開く観音開きのドアは、カングーのスタイリングにおけるチャームポイントとなっている。国産・輸入車問わず同じくらいの価格帯や車格のライバルモデルは、上にヒンジがついているバックドアとなっている。それはそれでアウトドアでは雨宿りができるなど便利な部分もあるが、観音開きゆえのキュートなスタイルには敵わないというのが市場の判断だ。

 ところで、この観音開きのバックドアというのはルノー・カングー独自のアイディアというわけではない。カングーが商用車をベースにしているというのはよく知られていることだが、欧州で「フルゴネット」スタイルと呼ばれる商用バンでは昔から観音開きのバックドアは定番アイテムとなっている。

 フルゴネットスタイルというのはステーションワゴンのような乗用車ベースのワゴンや、かつて日本ではライトバンと呼ばれた商用バンをベースに、Bピラーから後方のラゲッジ部分を箱状に膨らませることで積載性能を大幅にアップさせたモデルのこと。ヨーロッパ、とくにフランス車を中心に1950年代から時々の実用車をベースに生み出されていた。

 日産には今ではありえないような衝撃のバンがあった!

 そんなフルゴネットスタイルを採用した国産車があったことはご存じだろうか。

 それが日産のAD MAXだ。日産のライトバン「AD」シリーズの2代目をベースにしたフルゴネットモデルである。欧州フルゴネットの伝統に則り、バックドアは観音開きタイプとなっている。

 真後ろから見ればカングーそっくり。ルノーとアライアンスを組むずっと前の日産車に、そんな印象を受けてしまうのは不思議なものだが、それは両モデルがフルゴネットスタイルの文法を踏襲していると思えば、当然の話だ。

 AD MAXならではのポイントといえるのが、運部分の上方に一辺が斜めになった四角形の窓が付いていること。これによって単なる積載性に優れたクルマではない、遊び心を表現していた。

 そんなAD MAXには商用バンと乗用ワゴンの2タイプが設定されていた。ボディの基本形状は共通だが、フロントセクションは異形ヘッドライトのワゴンと、いわゆる規格の四角いランプのバンとなっていて、明確に差別化することでワゴンの価値を高めていたのも、90年代に登場したクルマにしては時代の先端を行っていた。

 そんなAD MAXは中古車市場で見かけることはほとんどないが、折からの車中泊・ライトキャンパーのブームにぴったりのスタイルが一部で再評価されているところだ。そうしたこともあって、見つけたときには年式の割には高値をつけていることが多い。

 いずれにしても、出会ったらすぐに契約するくらいの気持ちでいなければ入手困難なレア車であることは間違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら