現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシング・ブルズのリカルド「何の不安もなく開幕に臨める」首脳陣も「テストで良いスタートを切った」とポジティブ

ここから本文です

レーシング・ブルズのリカルド「何の不安もなく開幕に臨める」首脳陣も「テストで良いスタートを切った」とポジティブ

掲載
レーシング・ブルズのリカルド「何の不安もなく開幕に臨める」首脳陣も「テストで良いスタートを切った」とポジティブ

 レーシング・ブルズ/RBのダニエル・リカルドは、3日間にわたるF1プレシーズンテストで順調にプログラムを進め、開幕戦に向けて良い準備ができたと語った。

 角田裕毅と1日半ずつ分担して走行したリカルドは、合計210周を走った。ショートランを中心にした初日と2日目は4番手と5番手、レースシミュレーションに取り組んだ3日目は19番手のタイムを記録した。

F1テスト最終日:ルクレールが最速、3日間総合トップもフェラーリ。19人のドライバーが最終日に走行

「テストはうまくいった。昨年と比較して、間違いなくマシンを進化させることができたと思う。たくさんの周回をこなし、とても良い感触を持っている」とリカルドは語った。

「コースの排水溝カバーに問題が起きたので、レースシミュレーションができないのではないかと心配した。でも幸い、やることができてよかったよ」

「1日目と2日目にはショートランに取り組み、今朝はレースシミュレーションをこなした。パフォーマンスについては、予想どおりの状態だと思う。僕たちは中団で戦うことを目標にしている。手にしているものを最大限に活用していくつもりだよ」

「全体的に今回のテストはスムーズにいったので、何の不安も感じることなくここを後にすることができる。ある程度の進歩があり、自分たちの位置も分かっている。それでも予選Q3やポイントをかけて戦うことがコンスタントにできるようになるには、もっと見つけ出さなければならないものがあるのは確かだ」

 ピーター・バイエルCEOは、「非常に充実した3日間のテストを終え、分析すべきデータを大量に集めることができた。来週バーレーンで行われるシーズン開幕戦に向けて準備するうえで助けになるだろう」と語った。

 チームの新代表ローレン・メキースも、テストが順調に進んだことを喜び、チームメンバーの努力に感謝した。

「我々が目標とするレベルの競争力までチームを構築し、発展させるまでには長い道のりをたどる必要があるだろう。しかし今週バーレーンでのテストで良いスタートを切り、シーズン中の開発において重要になるだろう堅実なプログラムを実行した」

「開幕戦はすぐ目の前に迫っている。望むレベルまで準備を整えるためにまだやるべきことはたくさんある」

「ハードワークに取り組み、素晴らしいスピリットを示してくれたダニエル、裕毅、そしてファクトリーの全員に感謝したい。来週レースに戻ることが待ちきれない思いだ」

 レーシングディレクターに就任したアラン・パーメインは、開幕戦後にチーム間の序列と自分たちのポジションを確認するのが楽しみだと語った。

「ポジティブな3日間だった。マシンが週を通して高い信頼性を示してくれたおかげで、膨大な量のデータを集めることができた。質の高いテストを実行し、セットアップ変更に時間をかけて、マシンへの理解を深めることに集中した。さらにロングランを行い、今日はダニエルがフルレースディスタンスを走り、これが完璧にうまくいった。今後の数日間で、データを分析し、そこから学び、バーレーンのレースウイークだけでなく、今後の何戦かにこれを生かしていきたい」

「私自身、ここにいることができて心の底からうれしいし、今シーズンをとても楽しみにしている。分析チームは、マシンとチームを前進させるために、今回集めたデータを活用することができるだろう。ビザ・キャッシュアップRBのメンバー全員が、今シーズンに向けて興奮している。来週末のレースを終えた後、序列が今よりも見えてくるだろうから、それを知るのが楽しみだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

ボッタス「狭いコースでの追い抜きは難しく、スタート順位がよくなかったのが響いた」:キック・ザウバー F1第7戦決勝
ボッタス「狭いコースでの追い抜きは難しく、スタート順位がよくなかったのが響いた」:キック・ザウバー F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
車の横につけるだけ! アウトドアで大活躍の車用シェルター『カーサイド シリーズ』
車の横につけるだけ! アウトドアで大活躍の車用シェルター『カーサイド シリーズ』
月刊自家用車WEB
ガスリー「予選よりもクルマの競争力がないと感じた。どこに改善の余地があるか見直しが必要」:アルピーヌ F1第7戦決勝
ガスリー「予選よりもクルマの競争力がないと感じた。どこに改善の余地があるか見直しが必要」:アルピーヌ F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
バレンティーノ・ロッシ、ミサノで2年連続優勝。WRT勢が週末2連勝を飾る/GTWCヨーロッパ第3戦
バレンティーノ・ロッシ、ミサノで2年連続優勝。WRT勢が週末2連勝を飾る/GTWCヨーロッパ第3戦
AUTOSPORT web
ヒュルケンベルグ「ペースは十分ではなく、早めのピット戦略もレースを厳しいものにした」:ハース F1第7戦決勝
ヒュルケンベルグ「ペースは十分ではなく、早めのピット戦略もレースを厳しいものにした」:ハース F1第7戦決勝
AUTOSPORT web
“かわす性能”をオフロードにも。アライ、新色『V-CROSS 4 BATTLE』を2024年6月下旬に発売
“かわす性能”をオフロードにも。アライ、新色『V-CROSS 4 BATTLE』を2024年6月下旬に発売
AUTOSPORT web
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
ケータハム「セブン485」に最終モデル「ファイナルエディション」が欧州登場 日本へも10台導入
VAGUE
「炎天下」の車内に“放置”は厳禁! 爆発や火災の危険性も!? うっかり「置きっぱなし」だとヤバイ物とは?
「炎天下」の車内に“放置”は厳禁! 爆発や火災の危険性も!? うっかり「置きっぱなし」だとヤバイ物とは?
くるまのニュース
「リッター馬力」って、どういう意味?
「リッター馬力」って、どういう意味?
バイクのニュース
ホンダ新型フリード発表!! めっちゃ売れそう!! 最大のウリは?
ホンダ新型フリード発表!! めっちゃ売れそう!! 最大のウリは?
ベストカーWeb
90年代のホンダ「HR-V」は早すぎる登場だった!? 令和の今ならクロスオーバーSUVの旗手として爆売れしたかもしれません
90年代のホンダ「HR-V」は早すぎる登場だった!? 令和の今ならクロスオーバーSUVの旗手として爆売れしたかもしれません
Auto Messe Web
6つのスタイルを楽しめるヘルメット「G-FORCE X」がウインズジャパンから7月下旬発売!
6つのスタイルを楽しめるヘルメット「G-FORCE X」がウインズジャパンから7月下旬発売!
バイクブロス
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
新型[フリード]も真っ青!? [シエンタ]が一部改良! 装備がグレードアップ! 巻き返しを図れるか?
ベストカーWeb
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
まさかの「V16」搭載“セダン”あった!? 6速MT×400馬力超え「最高級モデル」がスゴい! ド迫力「エラ」装備の斬新セダンとは何者だったのか
くるまのニュース
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
危険じゃない? バイクをレトロに変身させるヘッドライトバイザーとは
バイクのニュース
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
次世代EVなど23車種を発売へ、2030年までに…印マヒンドラ
レスポンス
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
自動運転、乗用車には非現実的 仏ルノーが新方針 「レベル3以上」は公共交通機関へ
AUTOCAR JAPAN
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
激レアなホンダ「ライフピックアップ」を「NSX」のパールホワイトで全塗装! 総生産1000台少しの希少車をカスタムして楽しんでます
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村