サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ビートは最小のスーパーカーだ!」その魅力にどハマりしたオーナーの愛情が詰まったカスタムスペック

ここから本文です

アナログかつシンプルな制御がダイレクトなドライブフィールを生む!

ホンダの名作を自分色に染め上げる歓び

「S15シルビア購入希望者は必読!」中古車両の注意点&老舗ショップの必殺コンプリートプランを紹介

ホンダのPP1型ビートは、ミッドシップを採用した遊び心満点のオープン2シータースポーツだ。決して安くはない車両価格からも、実用性を求めて選んだユーザーは皆無だろう。熱狂的なファンが多く、2017年6月から一部純正部品の再生産をホンダが行うなど、デビューから30年近く経過している車両としては異例の存在だったりする。

エンジンは64psを発揮するNA3気筒SOHCのE07A型。

おすすめのニュース

サイトトップへ